Browse By

【IDEAS FOR GOOD】社会を“もっと”よくするPodcast

社会をもっとよくする世界のアイデアマガジンIDEAS FOR GOODの『社会を“もっと”よくするPodcast』がはじまります!毎回、編集部内トークやゲストとの会話を通して、みなさんの生活にソーシャルグッドをお届けします。

  • もっとIDEAS FOR GOODのことを知ってほしい!
  • もっと編集部のことを知って欲しい!
  • もっと気軽に、たくさんの人にソーシャルグッドを届けたい!

そんな編集部の想いからはじまりました。

毎回、編集部がパーソナリティを勤めて番組を盛り上げていきます。第1回目の放送は、「IDEAS FOR GOODとは?」という内容で、IDEASのはじまりのエピソードや、IDEAS編集部の働き方などをお話ししています。

最新のPodcast

第18回「IDEAS FOR GOOD初、空間プロジェクト『つながりのリ・デザイン展』の裏側」

清水イアンさん

清水イアンさん

[パーソナリティ]伊藤智子/富山恵梨香(IDEAS FOR GOOD編集部)

誰もがワンタップで社会貢献できる森林再生アプリ「weMORI」を開発した環境アクティビストの清水イアンさん。weMORIアプリが誕生した奇跡的な出会いから、イアンさんが環境問題に興味を持ったきっかけ、コロナをきっかけに考えたことなどをお話ししてもらいました!

「環境問題はシステムレベルの問題?」「環境破壊で最終的に困るのは人間」「私たちの経済は必要ないものの上に成り立っている?」「自分の正しさを理解してくれない限り“自分がハッピーじゃない”を、作らない」「なぜ今、“再生”なのか?」──など、盛り沢山の50分間です♪

【関連記事】 デジタル世代と考える気候変動アクションの未来。「ポストコロナのアクティビズム」イベントレポート
【関連記事】 スマホで森を救う。ワンタップで寄付できる森林再生アプリ「weMORI」
【関連記事】 全国のZ世代が総結集。3日間に及ぶ「学生気候危機サミット」レポート
【関連記事】 幸せと悲しみが共存する国。世界初の「沈む」WEBサイトが伝えたい、気候変動のリアル

過去のPodcast

第17回「IDEAS FOR GOOD初、空間プロジェクト『つながりのリ・デザイン展』の裏側」

左上:水野 右上:瀧田 左下:伊藤 右下:木原

左上:水野 右上:瀧田 左下:伊藤 右下:木原

[パーソナリティ]つながりのリ・デザイン展チーム
水野渚・木原優佳・伊藤恵・瀧田桃子(IDEAS FOR GOOD編集部)

IDEAS FOR GOOD初の空間展示『つながりのリ・デザイン展』が先月8月、無事に終了いたしました。企画・運営チームの4人で、プロジェクトの裏側について話しています。

「プロジェクトのきっかけは?」「つながりのリ・デザイン展とは?」「サステナブルなイベント作りのポイントとは?」「こだわったポイント」「嬉しかったこと、大変だったこと」「メディアと空間の違いは?」──など、今回の企画への4人の想いが伝わる26分間です♪

【関連記事】 Design for Good 〜つながりのリ・デザイン展〜 はじまります。

第16回「みんな電力大石さんに聞く、“本物の”再エネとは?いま、私たちにできること」

[ゲスト]大石英司さん (みんな電力 代表取締役)
[パーソナリティ]加藤佑(IDEAS FOR GOOD編集長)

大石さんと加藤さん

大石さん・加藤さん

コンセントの向こう側にどんな人がいるか、想像したことはありますか?大石さんが電車で見かけたキーホルダー型の太陽電池がきっかけで生まれた、「みんな電力」。顔が見える電力会社とは?電気を介した関係人口?再エネといっても裏側は様々。本物の再エネって?私たちが電力を選ぶ際に大切な3つのポイントとは?──など、脱炭素に向けて私たち一人一人ができることのヒントが盛り沢山な58分です♪

【参照サイト】 みんな電力

第15回「IDEAS FOR GOOD編集部が選ぶ7月のニュース」

[パーソナリティ]木原優佳 / 伊藤恵 / 相馬素美(IDEAS FOR GOOD編集部)

編集部

木原・伊藤恵・相馬

今月も、IDEAS FOR GOOD編集部が1か月のニュースをゆるゆると振り返ります。編集部新メンバーの紹介や、IDEAS FOR GOODを運営するハーチ株式会社オフィスのミュージアム化計画など、普段記事では読めない裏話も話しています。

【関連記事】 観客は観葉植物。新型コロナ禍でバルセロナのオペラハウスが異例の再開
【関連記事】 投票用紙を、憧れの舞台への入場チケットに。EUの”行きたくなる”選挙
【関連記事】 家で退屈なあなたへ。世界各地の窓辺からの景色を眺められる「WindowSwap」

第14回「コロナ禍のフェアトレードの現状。今、私たちにできること」

[ゲスト]人見友子さん (シサム工房取締役)
[パーソナリティ]戸沼君香(IDEAS FOR GOOD副編集長)/ 富山恵梨香(IDEAS FOR GOOD編集部)

左上から友子さん、富山、戸沼

左上から友子さん、富山、戸沼

「お買い物とは、どんな社会に一票を投じるかということ」。フェアトレードショップ「シサム工房」の友子さんは、「わたしたち一人一人にできることはたっくさんあります」と言います。友子さんがフェアトレードに関わるきっかけとなったタイでの衝撃の体験や、コロナによる、生産者の方々のダメージ、コロナ禍におけるフェアトレードの状況をお伺いしました。

[シサム工房]
京都・本店/京都・裏寺通り店/大阪・なんばCITY店/大阪・もりのみやキューズモール店/大阪・枚方T-SITE店/神戸・岡本店/神戸・三宮SOL店/東京・コピス吉祥寺店//オンラインストア

【参照サイト】 シサム工房
【参照サイト】 フェアトレード未来チケット」クラウドファンディング
【参照サイト】 8/1フェアトレード交流会

第13回「サイハテエコビレッジ坂井さんの“お好きにどうぞ”な村づくり」

[ゲスト]坂井勇貴さん (三角エコビレッジ サイハテ)
[パーソナリティ]戸沼君香(IDEAS FOR GOOD副編集長)/ 富山恵梨香(IDEAS FOR GOOD編集部)

サイハテ

熊本県の山の上にある、自然豊かな1万坪の村、サイハテ。ゲストの坂井さんは、そんな理想の“村”で自由に、そして豊かな暮らしをされています。「サイハテには一体どんな住人がいるの?」「他のエコビレッジと何が違うの?」「次世代型のコミュニティとは?」「”お好きにどうぞ”で、うまくいくの?」「コロナ禍で変わったこと、変わらないこと」「坂井さんが想い描く世界は?」──聞いたらサイハテが気になってしょうがなくなる、そんな45分間です♪

【関連記事】三角エコビレッジ サイハテ
【関連記事】サイハテ×IDEAS FOR GOOD特別企画!自宅でサステナビリティを実施する「おウチでSDGs」

第12回「IDEAS FOR GOOD編集部が選ぶ6月のニュース」

[パーソナリティ]木原優佳 / 伊藤智子 / 富山恵梨香(IDEAS FOR GOOD編集部)

新企画!IDEAS FOR GOOD編集部が1か月のニュースをゆるゆると振り返るコーナーです。

編集部

【関連記事】 大人も子どもも安心。ソーシャルディスタンスを示す、パリのストリートアート
【関連記事】 “今だから欲しい”タンスへ。富山発、定額制でアップサイクル家具を貸し出す「yes」
【関連記事】 フランスの企業に、自己PR文の代わりに「志望しない動機書」が届いた理由
【関連記事】 フィンランド発、転んでも立ち上がれるしなやかな強さを育む教育メソッド「See the Good!」
【関連記事】 日本から使い捨て傘をゼロに。アイカサの新プロダクト「リペアブルな傘」

第11回「食品ロス削減に挑むZ世代、桑原くんに聞く『人の巻き込み方』」

[ゲスト]桑原慧さん (Youth Earthtainment Japan 共同代表)
[パーソナリティ]宮木志穂(IDEAS FOR GOOD編集部)/ 富山恵梨香(IDEAS FOR GOOD編集部)

Z世代・食品ロス削減を軸に活動する桑原さんとIDEAS FOR GOOD編集部が出会ったのは、ちょうど1年前の530 conference 2019。情熱的に活動し続ける桑原さんの周りには、自然と人が集まります。

大学を卒業したばかりの桑原さんに今回伺ったのは、「社会人とソーシャルな活動の両立の仕方」「そもそもなぜ食品ロスに興味を持ったのか?」「食品ロス削減に必要なものって?」「なぜ桑原くんの周りには人が集まるのか?」──桑原さんの想いを聴くと、自然と応援したくなる。そんな30分間です♪

仲間とラジオ収録の様子/サステナブル・ブランド 国際会議2020横浜 登壇の様子

[Facebookグループ] https://www.facebook.com/groups/565825923913360/
[フードスコーレ] https://foodskole.com/
[日本サステナブルレストラン協会] https://foodmadegood.jp/

アーカイブ
お好きなプラットフォームでどうぞ

随時更新予定!

note
apple Podcast
Google Podcasts
Anchor
Spotify
Breaker
Pocket Casts
RadioPublic

FacebookTwitter