大人も子どもも安心。ソーシャルディスタンスを示す、パリのストリートアート

Browse By

全世界でロックダウンが解除され始め、少しずつ外出や元の生活ができるようになりつつある。しかし、依然として新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)の脅威はすぐそばにあり、対策に予断は許されない状況だ。

感染防止策の一つとして世界中で推奨されているのが、人と人との距離を一定以上保つ、「ソーシャルディスタンス」である。離れる距離の目安は1メートル〜1.5メートルとされているが、実際その感覚は個人に委ねられているのが現状ではないだろうか。道行く人とどのくらい離れたら良いのか?自分は人に近付き過ぎていないか?などと気がかりに思ったり、常に配慮が必要なこの状況を億劫に感じている人も多いかもしれない。

今回は、そんな人々の不安やストレスを少しでも和らげながら、心地よくソーシャルディスタンスを守り続けることを可能にする、ユニークなアイデアを紹介したい。

フランス、パリ市庁内の道路には、ソーシャルディスタンスを促すための波とカモメをモチーフにした涼しげなストリートアートがペイントされている。このストリートアートは「Mairie de Paris」と名付けられており、1メートルごとにペイントされているカモメの模様は、大人も子どもも思わずそこに立ちたくなりそうなデザインだ。これが、距離感に迷うことなく安全なソーシャルディスタンスを実現する助けになるのだ。

ストリートアート

image via 5.5

このデザインはフランスのアート集団「5•5」と、パリ市庁舎が共同で計画したプロジェクトである。「5•5」は、2003年にエコール国立芸術学院の学生によって設立された。設立当初から、幅広いユーザーのためになり、世の中を明るくするアートやデザインを行っている。現在は、ハーゲンダッツやマクドナルドなど大手企業とのコラボレーションも多数行う企業に成長しているが、彼らの理念は始めと変わっていない。

道路標識

image via 5.5

今回のデザインはパリのセーヌ川と、パリの紋章である水上を渡航する船をシンボルにしており、一部にはこの街の標語である「fluctuat nec mergitur!」(たゆえども沈まず)という言葉も添えられている。この言葉は、壮絶な歴史を乗り越えてきたパリの力強さや生命力を表す言葉で、「自分たちはこの危機を必ず乗り越えられる」というメッセージが込められている。このような時だからこそ人々の心に詩的に訴え、励まそうとするところに、パリらしさを感じる。

人々に何らかの社会的行動を促すとき、ただ単に決まりを守るように呼び掛けたり、不安を煽るような警告の看板を立てたりするのではなく、工夫やアイデアによって少しでも楽しく、心地よく実現する方法を探すことで、より良い社会になっていくのではないかと思う。そして、そのためにアートやデザインが果たせる役割は以前にもまして大きくなっているのかもしれない。

【参照サイト】 5.5

#ShareTheLightSideに関する記事の一覧