食を通じて、よりよく生きる。サマーアカデミー「Food Unfolded」inデンマーク

Browse By

デンマークの食と聞いて、パッとイメージを思い浮かべられる人は少ないかもしれない。しかしそんなデンマークで今、「ニュー・ノルディック・キュイジーヌ(新北欧料理)」と呼ばれる新しいムーブメントが起こっているのをご存じだろうか。

「ニュー・ノルディック・キュイジーヌにおける10のマニフェスト」を見てみると、「食べ物や生産者のストーリーを広める」「動物の福祉や海、耕地、自然の生態系を守る」「食に関わる全ての人が協力する」といった、私たちがサステナブルに、そしてウェルビーイング(よりよく生きる)でいられるためのヒントが散りばめられているのが分かる。

  1. 我々が大切にしたい清潔感、新鮮さ、シンプルさ、道徳観を表現すること
  2. 食で季節感を表現すること
  3. 地域の気候、地形、水から生まれた食材の調理を基本とすること
  4. 食べ物のおいしさに対する追求と、健康や「よりよいありかた」についての認識を組み合わせること
  5. 北欧の食べ物や生産者たちを後押しし、それらのストーリーを広めること
  6. 動物の福祉や海、耕地、自然の生態系を守ること
  7. 伝統的な北欧の食材の新たな可能性を伸ばすこと
  8. 北欧料理の料理手法や伝統と、外部からのアイデアを組み合わせること
  9. ローカルな自給自足と高品質なものを組み合わせること
  10. 北欧の国々における強みを活かすために、消費者、シェフ、農業や漁業、食産業、小売りや卸売り、研究者、教師、政治家や権威者が協力すること

このニュー・ノルディック・キュイジーヌの先駆けであるレストラン「noma」は世界のレストランベスト50のコンテストで優勝するなど、影響が拡大しつつあるのだ。

noma共同創業者クラウス・マイヤー氏(ウィンターアカデミー2019)

さて、今回の「サマーアカデミー:フード・アンフォールディッド」はそんなデンマークの食を幅広い分野から-例えば歴史的、社会的、五感的、そして政治的観点から-アプローチし、紐解いていくプログラムになっている。また、デンマークで初めて2つ星を獲得したレストランのヘッドシェフを務めたフランシス・カーデノウら多くの特別ゲストも迎えており、彼らから刺激を受けられるのも大きな魅力だ。

食のワークショップ(ウィンターアカデミー2019)

デンマークというと幸福度ランキング常連で、どこか遠い存在というイメージがあるかもしれないが、歴史的、社会的に見ると日本と意外な共通点があったり、等身大のデンマークが見えたりと新たな発見も多い。食や料理に興味がある人だけでなく、毎日何らかの物を食べて生きる全ての人に参加してほしいプログラムだ。ユニークなワークショップにまずは一歩、踏み出してみよう。

プログラムの概要

実施期間 2019年8月4日(日)~2019年8月10日(土)
参加費 4950DKK(一般)
2950DKK(学生)
※滞在中のすべての食事、エクスカーション(小旅行)を含みます。
スケジュール 1日目:テーマ「歴史的観点」(食のワークショップ1/美術館ツアー)
2日目:テーマ「社会的観点」(「パーマカルチャーのプリンシパル<体験プログラム>」/エコビレッジ訪問)
3日目:テーマ「五感」(「味覚<体験プログラム>」/食のワークショップ2)
4日目:テーマ「政治的観点」(「食の主権と小規模農業<体験プログラム>」/オーガニック農園訪問)
5日目:テーマ「食を紐解け!」(食のワークショップ3/ブリュワリー訪問)
※都合により変更することがあります。
※詳しいスケジュールはこちらから
プログラムURL http://hoejskolelf.dk/summer-academy-1.html
主催団体 Højskoleprojekt Lolland-Falster
メディアパートナー IDEAS FOR GOOD

※同プログラムはツアーではありません。航空券・宿泊施設などもご自身で手配いただく現地集合・現地解散型プログラムです。

主催団体

Højskoleprojekt Lolland-Falster


URL:http://hoejskolelf.dk/

主催メンバーのニールセン北村朋子さんからコメントを頂いています!

食に関心のある人、料理が好きな人、料理はあまり興味はないけど美味しいものには目がない人、これからの地球環境と食の行方の関心がある人、食べ物の味わいはどうやって構成され作られるのか探検してみたい人、食を通してデンマークのフォルケホイスコーレを体感してみたい人、新しい友だちと出会いたい人、一生忘れられない思い出をこの夏作りたい人…あなたの参加をスタッフ一同お待ちしてます!
みんなで、最高の夏にしましょ(^^)

IDEAS FOR GOOD編集部のおすすめポイント

IDEAS FOR GOOD編集部はこのプログラムのウィンターアカデミーに参加しましたが、デンマークの食を通じて文化、価値観、教育といったさまざまな視点を知ることができました。今回のプログラムは更に歴史や政治的視点からもインプットがあるということで、近年日本で注目度が高いデンマークの深い理解が得られるのではないでしょうか。

また、プログラム内はほとんど英語で行われますが、英語に自信がない方でも日本出身のニールセン北村朋子さんが主催メンバーの1人なので安心です。

個人的には美しい自然に囲まれた土地で、自然環境はもちろんのこと、健康にも気遣った食事を取れるので、何より日々の体調がよかったことが印象的でした。休みが取りやすいお盆の時期。デンマークで食を通して「よりよく生きる」を感じる、刺激的な夏にしませんか?