子どもにも安全なモビリティを。独ボッシュが開発したベビーカー向けスマート電動ドライブ

Browse By

ベビーカーを押すのは、簡単そうで実は大変。オムツや着替え、離乳食に飲み物と山盛りの荷物に赤ちゃんを乗せて動かすのは重みもあり、特に段差や坂道などは気をつけなければならない。

そんな課題に取り組むのは、ドイツの自動車部品・電動工具で知られるボッシュだ。同社はこのほど、ベビーカー向けの電動アシストシステム「eストローラーシステム」を開発した。カギとなるのはスマートセンサー、静粛性に優れた二つの電動モーター、そしてBluetoothである。

ボッシュのeストローラーシステム

Image via Bosch

まずスマートセンサーシステムを使い、走行時の路面の状態を検知しながら、速度や加速状況などを測定。次に、これらにもとづいて、上り坂では二つの電動モーターが自動でベビーカーをアシストする。逆に下り坂ではブレーキがかかるため、ベビーカーがどんどん進んでいかないよう、手で抑える負担を軽くしてくれる。万が一ベビーカーから手が離れても、電気機械式ロックでパーキングブレーキを作動させてくれるので安心だ。

片手に兄弟をだっこしたり、仕事のバッグや買い物の荷物を抱えたりして、片手でベビーカーを押す場面は多い。そんなときでも、曲がり角での操作をサポートしてくれるという。

最後に、Bluetoothを活用したスマートフォンとの連携が特徴的だ。電動アシストには三段階のレベルがあり、アプリからレベルを選ぶことができる。まるで自転車ギアの切り替えのように便利だ。また、勝手にベビーカーを動かそうとするとスマートフォンに警告が表示されたり、ベビーカーに取り付けられたスピーカーから警告音が発せられたりし、自動でブレーキが作動する。

ボッシュのeストローラーシステム

Image via Bosch

バッテリーは着脱可能な充電式で、充電が切れそうになったときは警告もしてくれる。充電時間は約2時間半で、電動アシスト機能の利用状況やベビーカーの重量にもよるものの、フル充電時で最大15km走行可能。バッテリーが切れたとしても、普通のベビーカーとして走行できる。

ボッシュのeストローラーシステム

Image via Bosch

ボッシュのモビリティソリューションズ事業部長シュテファン・ハルトゥング氏は「eストローラーシステムには、ボッシュのあらゆるノウハウを結集しました。技術と品質に関しては、自動車部門と同様の厳格な基準を適用しています」と語る。

同社が開発したこのシステムは、2020年初頭から、スウェーデンのベビーカーメーカーEmmaljunga社の製品に搭載される。他にも今後、複数のメーカーとの協働計画も進行しているそうだ。

最新技術を結集したベビーカー用電動アシストシステム。快適な走りと安全性に、子育てをする人にも赤ちゃんにも笑顔が広がりそうだ。

【参照サイト】遂に実用化へ:ボッシュがベビーカー向けのスマート電動ドライブを開発