【7/10オンライン開催】これからのエシカル消費とは?みんなで考えよう明日からできること

Browse By

【エールマーケット(Yahoo!JAPAN運営)× IDEAS FOR GOOD 共同企画】
これからのエシカル消費とは?みんなで考えよう、明日からできること

新型コロナウィルスの影響で、人々の価値観や生活は大きく変化しています。テイクアウトやデリバリーによる家庭ごみの増加や、商品に直接触れて作り手の想いを知る機会の減少など、サステナブルな暮らしを実践する上で立ちはだかる新たな課題にモヤモヤを抱えている人も少なくないのではないでしょうか。

また、コロナをきっかけに自宅の断捨離を進めようと思いながらも、捨てることが本当にエシカルな選択なのかと悩み、どのようにサステナブルな暮らしへ移行すべきかが分からず立ち止まっている方もいるかもしれません。

そうしたエシカル消費にまつわる課題やモヤモヤを感じている方のために、人・社会、地域、環境にやさしいエシカル商品を応援するお買い物メディアエールマーケット(Yahoo!JAPAN運営)とIDEAS FOR GOODは、エシカル消費をテーマとするオンラインイベントの第二弾を開催します。

4月30日に行われた第1回目では、「コロナショックから生産者を救うために、私たち消費者ができること ~世界の取り組みに学ぶエシカル消費の可能性~」をテーマに、新型コロナウイルスによって影響を受けている生産者や飲食店を応援するために私たち一人一人が消費者として何ができるのか、世界中の状況や取り組みを学びました。(前回のイベントレポートはこちら

第2回目となる今回は、エシカル消費の実践者やエシカルブランドのプロデューサーをゲストにお招きし、エシカル消費をコロナ後の新たな生活様式(ニューノーマル)に位置づけるべく、わたしたち消費者一人一人が明日から実践できる具体的な方法やヒント、エシカル消費を実践するうえで大切な視点について参加者の皆さんと一緒に考えていきます。

私たち一人ひとりが、環境、社会、そして自分自身に優しいライフスタイルを実現するために、具体的にどのような点に心がけ、日々の暮らしを送っていけばよいのでしょうか。エールマーケット・IDEAS FOR GOODと一緒に、考えてみませんか?

当日のトピック

第1部 19:30〜21:00(エシカル消費のヒントを得るための対談)
・エシカル消費の実践者や専門家が現在取り組んでいること
・エシカル消費を実践するためのアイデアと新たな視点
・実践する際にぶつかる課題(モヤモヤ)とその解決方法
・参加者からの質疑応答

第2部 21:00〜21:30(対談から得たヒントを元にグループワーク)
・日常のエシカル消費におけるモヤモヤを共有
・グループメンバーとともにモヤモヤの解決策を考える
・「明日からできること」を考える

こんな人におすすめ

  • 現在の消費のあり方・ライフスタイルを見直したい方
  • エシカルな暮らしをするために実践的なヒントを得たい方
  • エシカル消費に取り組むなかで課題を感じている方
  • 登壇者の意見を聞いてエシカル消費の観点で自分たちに何ができるか一緒に考えたい方

スピーカー

★登壇者

エシカルペイフォワード稲葉さん


稲葉哲治さん(エシカルペイフォワード プロデューサー)

開成、東大から一転、中退して社会的ひきこもりを経験。セゾン・日立グループにて新規事業、起業、人事、人材コンサルタントを経て、人事メディアにて人事コミュニティ運営に従事。現在はNPO法人GEWEL理事、「サーキュラーHR」編集長等として活動中。エシカル商品のセレクトショップ「エシカルペイフォワード」プロデューサーとして講演等を行う他、「エシカル男子の会」、フィリピン少数民族と作るブランド「EDAYA」などでエシカルの裾野を広げている。

COOKIEHEADさん(IDEAS FOR GOODライター / アメリカ・ニューヨーク在住)
ロンドン経由東京育ち、2013年よりニューヨークのブルックリン在住。パーソンズ美術大学大学院でファッション・マーケティングを専攻後、ラグジュアリー・ファッションの世界で働く。「好きなものは好き」と「循環の中に生きる」を両立するライフスタイルを追求。ニューヨーク及びアメリカのサステナビリティ、サーキュラー・エコノミー、アニマルライツに関するリサーチ・執筆も行う。 ヴィーガン。 日英バイリンガルウェブマガジン: THE LITTLE WHIM  Instagram:THE LITTLE WHIM

横山さん


横山亜紀さん(ウェブデザイナー/オーガニック食 料理家)

デザイナーでありつつ、有機野菜、オーガニック食材を使う料理家。有機農家さんを訪ね、各地のおいしい有機食材を探しています。オーガニック食材専門店 Be Organic Marketの店主(現在ネット販売)。デザインセンスを料理の色や盛りつけにも生かしている。Cleval Inc. 代表取締役。

 

★モデレーター

小玉さん小玉 弘子(ヤフー株式会社/ エールマーケット サービスマネージャー)
2007年1月Yahoo!ショッピング企画職として入社。様々なカテゴリを担当後、モバイル/スマートフォンリーダー、プロジェクトマネージャーとして活躍。同時期に全社横断スマートフォンプロジェクトにも兼務。2013年10月からリスクマネジメント室にて、全社ERMをプロジェクトマネージャーとして立ち上げ。その後、東日本大震災の販路支援のために立ち上がった復興デパートメントを担当。サービスマネージャーに就任後、2018年10月復興支援含むエシカル消費をテーマに今現在のエールマーケットにリニューアル。前職からコマース暦は10年以上、消費者目線のサービスを根本から考えるサービスづくりを実装中。


加藤 佑(IDEAS FOR GOOD 編集長 / ハーチ株式会社 代表取締役)
1985年生まれ、大学卒業後、株式会社リクルートエージェントを経て、サステナビリティ専門メディアの立ち上げ、大企業向けCSRコンテンツの制作などに従事。2015年12月に Harch Inc. を創業。翌年12月、世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン「IDEAS FOR GOOD」を創刊。英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格保持者。横浜市主催「YOXOアクセラレータープログラム」採択事業として「Circular Yokohama」も展開中。

イベント概要

開催日時 2020年7月10日(金) 19:30〜21:30(開場19:20)
参加費 無料
参加方法 ZoomまたはYouTubeでのオンライン参加
Zoomでは、第1部の対談と第2部グループワークにご参加いただけます。
YouTubeでは第1部までをご覧いただけます。
Zoom参加 Zoom URLを取得するにはPeatixより申し込みください
(定員40名)Peatixページ:https://yahoo-ideas4good-ethical-event.peatix.com/
YouTube参加 (YouTube参加の方は事前申し込みの必要はありません)
YouTube URL:https://youtu.be/kGxv4wuqnzE

 

【関連記事】イベントレポート コロナショックで影響をうけた生産者のために、私たちができること