一歩先を行く自転車先進国のデンマーク、自転車渋滞を防ぐための電子標識を導入

Browse By

デンマークの首都コペンハーゲンというと、何を思い浮かべるだろうか。カラフルな街並みのニューハウン、人魚姫の像、シンプルなデザイン。しかし、コペンハーゲンを語る上で欠かせないものがもう一つある。自転車だ。

デンマーク人にとって、自転車は自分のもう一つの足だ。実際に、国民のほぼ半数が通勤や通学に自転車を使用している。コペンハーゲン市内には240マイル(約386キロメートル)の自転車専用レーンや、駐輪場もいたる所で見かけることができ、信号機も自転車のスピードに合わせて変わる仕組みになっているなど自転車に乗りやすい環境が整っている。2025年までにカーボンニュートラルな都市を目指しているコペンハーゲンにとって、CO2を排出しない自転車の普及は重要な要素なのだ。デンマーク人建築家のJan Gehl氏によると、コペンハーゲンでは自転車の利用により既に年間9万トンの二酸化炭素の減少に貢献しているという。

一方、自転車の数が増えるほど自動車と同じように渋滞問題が発生する。2016年には初めて、日々市内を行き来する自動車が約25万台に対し、自転車数はなんと約26万台にものぼり自動車の数を超えたほどである。そのため、過去20年間で自転車の渋滞は68%上昇し、さらに予測が正しければ、市内の日々の自転車交通は、2025年までにさらに25%増加、そしてラッシュアワーには、36%増加する見込みである。ますます増えるサイクリング人口のために自転車インフラ、特に渋滞の改善が急務だ。

しかし、さすがは環境先進国でクリエイティブなデンマークらしく、新しい解決策を考案した。それが、混んでいないルートを教えてくれる自転車用の電子交通標識だ。この標識が設置されると、道路工事、特別イベント、目的地までの距離、渋滞具合まで教えてくれ、さらに他のより混雑していないルートも提案してくれる。

世界初の取り組みで、約7100万円かけて現在5つの標識が建設中である。コペンハーゲン市によると、約180~300億円規模の自転車レーン優先8ヶ年計画があり、標識の他にも既存レーンの拡張や交差点での標識の改善、自転車専用の橋の建設が含まれる。

いくら政府が優れた政策を推進しようとしても、市民が実行しやすい環境が整っていない限りは浸透しない。その点、デンマークのコペンハーゲンでは自転車都市としてサイクリングしやすい環境作りを積極的に行っており、結果としてさらに多くの人が、自動車ではなく安心して自転車を選択できる。サイクリング人口の数を増やすことだけ考えるのではなく、安心感やトラベル時間、心地良さなど質にもこだわっているところは、世界一幸福な国の特徴の一つだろう。

【参照記事】Copenhagen cycle jams tackled with electronic information panels
【参照記事】How Copenhagen handles bike jams
【参照記事】Verdenspremiere: København får trafiktavler til cyklister
【参照記事】the cities of the future are people-friendly cities
【参照資料】The City of Copenhagen’s Bicycle Strategy 2011-2025

(※Photo:Nagisa Mizuno)