「自給自足できる」街づくり。気候変動とパンデミックに立ち向かう、中国雄安新区の都市開発

Browse By

新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)の感染拡大防止のために人や物の移動が制限されるようになったことで、世界中の経済は大きなダメージを受けた。国際エネルギー機関(IEA)によると、2020年の世界の二酸化炭素排出量は前年比6%低下すると予想されており、環境にとってはポジティブな側面も一時的には見られた。しかし新型コロナ収束後も、食品やエネルギーなどをグローバルな規模で移動させる現状のシステムが維持されれば、それは持続可能とは言えない。そこには、新たな感染症蔓延や気候変動への対策に関してリスクが伴うからだ。

そんな中、これまでの街や都市の在り方を見直し、感染症や気候変動のリスクに適応できるようにリデザイン(再設計)しようとする動きが世界中で見られる。

中国政府は現在開発中の雄安新区を、将来的な感染症のリスクと環境への影響に同時に配慮したグリーンで「自給自足できる街」にしていくと発表した。雄安新区は北京から南西に130キロほど離れた地区で、公開されている新たなデザイン計画をもとに、500万人規模のサステナブルなモデル都市となる予定だ。

image via Guallart Architects

image via Guallart Architects

街の区画は在来植物などを育てられる畑と植栽された庭に囲まれ、アパートの屋上には垂直農法の温室が設置される。屋上に隣接する部屋には住人が自分用として使用できるガーデンがあり、アパートのバルコニーにも家庭菜園用の箱が取り付けられる。これらによって、街の中で新鮮な食料を生産し、菜食ベースの食事であれば40%の食料需要に対応できるだろうと推定されている。

自給自足の街

image via Guallart architects

木製の建物は、通常の建物よりもエネルギー使用率を80%削減でき、敷地内にはソーラーパネルが設置される。さらに道は車ではなく歩行者や自転車が優先的に移動できるようにデザインされており、あらゆる面で環境への配慮が感じられる。

今後も懸念される感染症への対応としては、在宅勤務用のコワーキングスペースや、住民がプライベートなアウトドアスペースとして利用できるテラスを建物内に設置する予定だ。また、建物内の工場スペースには3Dプリンターなどの機材が設置され、住人は居住地内で自分で物を修理したり制作したりすることができるようになる。さらに、将来的に実現されるであろう「ドローン・デリバリー」のためのドローン着陸ゾーンも用意されるなど、最先端の面白い仕掛けが散りばめられている。

自給自足の街

image via Guallart Architects

中国政府はこの地区に高速鉄道を建設している一方で、日々の生活に必要なオフィスや小売店、学校などを徒歩、または自転車圏内で行ける範囲に隣接させる計画だ。また、アプリを通して住人同士が余った食材を売買できる仕組みや、アパートの下で地産品を販売するマーケットを作ることも想定しており、地域内の人々の強いつながりを作ることも重視している。

この街をデザインしたバルセロナの建築家であるビンセント・グアラート氏は、「私たちは今後、生活の危機、そして気候変動の危機と同時に戦わなければいけません。」述べる

「今回のパンデミックは、このような危機にあったときに、外からのエネルギーや食料、製品に依存することが、どれだけ人々の生活リスクになるかを証明しました。建物と一体化したコミュニティーモデルは、21世紀により適したモデルでしょう。これからあるべき街の姿は、センターでも周辺部でもなく、都市部でも郊外でもなく、ただ住む場所と、働く場所と、休む場所が同じ場所にある自給自足の街なのです。それはまさに、パリが提唱する『15分の街』のモデルと同じです。

外粛自粛や在宅勤務により、家庭菜園を始めたり、地元の商店街や飲食店に行くようになったりと、生活圏を狭めることによる生活への意外なプラスの影響を感じた人も多いのではないだろうか。

感染症の蔓延や気候変動の改善策を探すことは大切だ。しかし、それらの全ての側面を害悪として拒絶せず、今後起こりうる脅威と上手に付き合っていく方法を考え、ポジティブなインパクトを生み出しながら共存していくことも、私たちには必要である。

【参照サイト】This sustainable neighborhood of the future is designed to manage both climate change and pandemics

国境による分断をなくす。リアルタイムで都市と都市を結ぶ窓「Portal」

リトアニアの首都ヴィリニュスと、ポーランドの都市ルブリンは、約600キロメートル離れている

コロナ禍で地域経済の活性化を目指す、チェコのデジタル通貨「Corrent」

日豪の研究チームが2021年4月に発表した論文「誰が新型コロナの給付金を使ったのか?日本の

音であの夜に戻ろう。コロナ禍にメキシコのバーが始めた音声サービス「I Miss My Bar」

日本の都市部では緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が続き、飲食店でのひとときが恋しくなって

土に埋めると花が咲く、100%生分解性のマスク「Marie Bee Bloom」

香港に拠点を置く海洋保護団体「オーシャンズアジア」の報告書では、2020年に15億6千万枚

コロナで休業するバーのシャッターに広告を。ハイネケンの飲食店支援

日本では1月7日から、首都圏を中心に2度目の緊急事態宣言が発令され、現在も継続中だ。夜8時

英BBC、ロックダウン中に教育番組をTV放送。ネット環境がない生徒にも教育を

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2021年1月5日から3回目のロックダウンに入ったイギ

コロナ禍でも安全にエンタメを楽しむ。夜にも寄れる香港の公園「The Grounds」

この一年で最も社会に浸透した言葉の一つ、それは「ソーシャル・ディスタンス」ではないだろうか

年末年始はリモートで。離れていてもオンラインで一緒に楽しめるアイデア8選

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、世界保健機関(WHO)の感染症専門家のマリア・ファン

「自給自足できる」街づくり。気候変動とパンデミックに立ち向かう、中国雄安新区の都市開発

新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)の感染拡大防止のために人や物の移動が制限されるように

シンガポール、グリーンリカバリー分野で5万以上の雇用機会を創出へ

グリーンリカバリーという言葉をご存知だろうか。グリーンリカバリーとは、打撃を受けた経済を今

飛行機をレストランに。シンガポール航空が提供する、コロナ禍の非日常体験

2020年、多くの業界が新型コロナウイルスによる影響を受けた。その中でも特に、人々の往来を

ウィズコロナのまちづくり。アメリカで進む「徒歩10分で公園」計画

新型コロナウイルス感染症の広がりによる緊急事態宣言、外出自粛など、感染を防ぐために自宅で過

さとうきびストローが実現する関係のリ・デザイン【Design for Good 〜つながりのリ・デザイン展〜トークライブレポVol.7】

IDEAS FOR GOODでは、自分が自然や人とどのような「つながり」をもっているのかを

手押し車をベンチに。コロナ禍のトロントで生まれた公共サーキュラーデザイン

新型コロナウイルスによって、密閉空間が避けられるようになり、街中での人々の行き来は減少した

日本の伝統文化を守る「きものリトリートホテル」山形県白鷹町に2021年オープン

いま、世界中で宿泊業界が大打撃を受けている。新型コロナウイルス感染症のパンデミック化により

地域の支え合いが作る、サステナブルな飲食店。石神井のイタリアンレストラン、FILIPPO

新型コロナウィルス(以下、新型コロナ)の影響で飲食店のあり方はガラリと変わってしまった。都

まちの道路をテラス席に。コロナ禍の飲食店を救う横浜のまちづくり「かんないテラス」

新型コロナウィルス感染症の影響により多くの飲食店が経営に大きな影響を受けているなか、国土交

家で退屈なあなたへ。世界各地の窓辺からの景色を眺められる「WindowSwap」

新型コロナウイルスの感染再拡大に世界が警戒心を示すなか、旅行に行くかどうか決めかねる状況が

花が彩る、日常の小さなつながり【Design for Good 〜つながりのリ・デザイン展〜トークライブレポVol.3】

IDEAS FOR GOODでは、自分が自然や人とどのような「つながり」をもっているのかを

ウイルス対策も環境に優しく。NY発、プラスチックフリーの手指消毒剤

新型コロナウイルス感染症の流行を受け、感染を予防するための消毒剤の需要が高まっている。しか

Edited by Motomi Souma

FacebookTwitter