日本の伝統文化を守る「きものリトリートホテル」山形県白鷹町に2021年オープン

Browse By

いま、世界中で宿泊業界が大打撃を受けている。新型コロナウイルス感染症のパンデミック化により、人々が外出を控えているからだ。コロナ禍に特化した宿泊施設等も次々と開設されているが、アフターコロナの観光業界の復興の確固たる筋道は、いまだ描かれていない。

そんなさなかに、日本復興の狼煙を上げるかのようなプロジェクトが発足した。山形県白鷹町に残る歴史的建物「旧奥山邸」を創業440年以上の呉服屋であるとみひろが引き継ぎ、着物を起点に日本文化を伝える「きものリトリートホテル」として2021年春に開業すべく、リノベーションを行っているのだ。

この地域は、質素倹約を貫きながら、養蚕をはじめとした新しい産業を興して日本一貧乏と言われた米沢藩を再興へと導き、ジョン・F・ケネディ元米大統領が最も尊敬する政治家として名高い上杉鷹山ゆかりの場所である。

きものリトリートホテル

きものリトリートホテルは、「養蚕や着物への所縁と日本文化の伝承」と「自分自身のからだを守る」という、二つのテーマをかけあわせた宿泊施設だ。着物文化や白鷹町の文化の体験プログラムに力を入れており、地域の農家や商店、事業者等と連携を図りながら、オープン後には伝統工芸から田植え、稲刈り、雪かきなど日々の暮らしまで、白鷹ならではの貴重な「体験」の場をつくり、山形県の地域活性化を目指す。

また、自分のからだに向き合うリトリートも本宿泊施設の大きなテーマだ。リトリートとは、普段いる場所から物理的に距離をとり、自然の中や静かな場所などで疲れを癒す方法のこと。きものリトリートホテルを手がける株式会社ukitamは、これを「日常を離れ自分に向き合う休息」と定義している。

昨今、着物は日本が誇る伝統文化として見直されてきている。その理由の一つは、着物のサステナブルさだ。日本は明治維新を契機として、「洋服を着る」という急激な近代化を進めた。洋服の縫製では、体の形状にあわせて立体的にするために生地の裁断が必要なので、多くの部分が切れ端となって残り、廃棄される。一方、和服は長方形の生地をほぼそのまま使って平面的に仕立てるため、無駄がない。また、体型の変化にも帯一本の調整だけで対応できるため、結果的に長く着ることができるのだ。

山形の豊かな自然の中で、伝統的な日本文化に触れられる「きものリトリートホテル」はまさに温故知新の場だ。開業すれば、人々に学びと豊かさをもたらす存在になるだろう。

【参照サイト】とみひろ
【参照サイト】山形県白鷹町:着物の世界を起点に地域の魅力を伝える“きものリトリートホテル” 2021年春開業(予定)

Edited by Kimika Tonuma

#ShareTheLightSideに関する記事の一覧

FacebookTwitter