ウィズコロナのまちづくり。アメリカで進む「徒歩10分で公園」計画

Browse By

新型コロナウイルス感染症の広がりによる緊急事態宣言、外出自粛など、感染を防ぐために自宅で過ごす時間が増えた人は多いのではないだろうか。在宅勤務やオンライン授業を受けている人の多くは通勤や通学のストレスから開放された一方で、運動不足や、画面越しのコミュニケーションの希薄さ、メンタル不調といった問題に直面している。

そんな中、アメリカで注目されているのが、すべての住民が徒歩10分以内に安全で質の高い公園や緑地にアクセスできるようにする「10 Minute Walk」計画だ。2050年を目標に、都市の大小に限らず公園や緑地を整備したり、新たな公園を作ったりするもの。アメリカの非営利団体The Public for Public Landがリードし、各市長、都市計画立案者、公衆衛生擁護センター、政策専門家などとネットワークを構築し、公園や緑地の重要性を訴え、その数を増やすための取り組みを行っている。

たとえば、カリフォルニア州・サンフランシスコでは人々が距離を保ちながら運動ができるように、閉鎖したゴルフ場が公共の緑地に生まれ変わった。この計画に同意した市長はおよそ300人と、地域を超えた大規模なプロジェクトだ。全員の名前と顔写真がウェブサイトにて公開されている。

公園

ほかにも、コロラド州の都市・デンバーではすでに90%の住人が公園や緑地などの10分以内にアクセスできるように都市計画がなされている。市議会では、さらなる公園や緑地の拡充・維持、新たな公園の土地獲得のために増税計画が承認された。

公園

最近の調査によると、都市に住むアメリカ人の70%がパンデミック下の身体的・精神的健康にとって、地域の公園や緑地の存在がプラスに働くと考えているという。さらに、71%は自宅から徒歩10分以内に公園や緑地へのアクセスが改善されれば、生活の質が向上すると回答している。また、過去にペンシルバニア大学の研究でも、「都市の緑化でメンタルヘルスが向上する」という結果がでた。

もちろん公園であっても手洗いや、周りとの適度な距離を保つことは必要だが、屋内の施設よりも屋外の公園のほうが感染リスクは低く、長らく続く自粛生活のストレス発散ができる最適な場所かもしれない。また、近隣住民とのコミュニケーションの場としても活用することができるだろう。

自粛が長期化するにつれて「コロナ鬱」「コロナ疲れ」といった言葉を目にすることが増えた。新たな環境に適応するのが難しい人たちにとって、コロナ禍の生活はストレスフルなものとなっている。“3密を避ける・人との間隔は2m開ける・食事は屋外で”などが推奨される新しい生活様式の場として、メンタルヘルスを保つ場として、公園は大いなる可能性を秘めているかもしれない。

【参照サイト】10 Minutes Walk
【参照サイト】Why We’re Committed to Ensuring Access to Parks for All by 2050

Edited by Kimika Tonuma

#ShareTheLightSideに関する記事の一覧

FacebookTwitter