スウェーデン初。LGBTを歓迎するインクルーシブなスポーツスタジアムが誕生

Browse By

スウェーデンの首都ストックホルムから、北に数十キロ進んだ場所にある都市ウプサラ。学生の街であることでも知られるこの場所に、同国で初めてLGBTの認定を受けるスポーツスタジアムが誕生した。LGBTの認定を受けるとはつまり、生物学的性、性自認、性的指向、性表現のいかんを問わず、みんなを平等に受け入れる施設だと認められたことを意味する。

具体的にどういう点が評価されたのだろうか。Studenternasスタジアムという名のこの施設では、トイレや更衣室をLGBTの人も使えるようにデザインしてある。男性か女性かという性別を指定しないジェンダーニュートラルなトイレを設置し、すべての選手と観客を歓迎するインクルーシブな取り組みをおこなっている。

同様の取り組みは、これまでも同国のスイミングプールでおこなわれてきた。2015年にはスンドビュベリという町にある公共のスイミングプールで、LGBT向けの更衣室が新しく設置された。LGBTに限らず、障害や宗教的理由でプライバシーを必要とする人のことも考えて設計されたこの更衣室は、当時大きな注目を集めたという。

ウプサラのマーケティングディレクターを務めるDanne Eriksson氏によると、スタジアムの認定の件は、LGBTにやさしい街づくりを目指す取り組みの一部にすぎないそうだ。LGBTへの理解を促す、誰もが平等に扱われる環境づくりは今後も進められていく。今回の認定で目標に向けた弾みがつくことだろう。

インクルーシブな施設を目指す同スタジアムにはバラエティに富んだ人々が集うことになる。バイセクシャルや性別という枠組みに捉われない人や・・・互いに不思議な集まりだと感じることもあると思う。それでもスポーツを観戦するときには一致団結して応援し、性別を超えた「人類」という固まりになる気がする。

今回のスタジアムに対する認定は2年間有効だという。再び認定を受けるには更新申請をする必要があるため、スタジアムのスタッフはもちろんのこと、場所を利用する企業もLGBTを理解するための継続的な努力が必要だ。スウェーデンはLGBTに寛容な国であることで知られ、ウプサラもLGBTにやさしい都市を目指している。そんな地域にあるスタジアムだから、何年経っても大丈夫だろうと思う。

【参照サイト】Sweden is getting its first LGBT-certified sports stadium
【参照サイト】Sweden’s first LGBT pool makes a loud splash