Browse By

選挙割とは・意味?

選挙割とは?

選挙で投票に行くと、協賛店舗で割引や特別サービスが受けられる仕組みのこと。具体的な方法としては、投票後にもらえる投票済証明書もしくは投票所と自分が一緒に写っている写真を対象店舗で見せると選挙割が受けられる。一例を挙げるならば、ラーメンの一風堂は替玉or 玉子が無料という選挙割を行った。投票に行くモチベーションが湧く仕組みだ。

選挙は祭り

ところで選挙というのは、少し真剣なフリをしたお祭りだ。選挙前になると突如現れる賑やかな街頭演説や選挙カーも、タレント議員が出馬しているのも、全テレビ局をジャックして選挙速報が流れるのも、結局国民の感情を束ねることに成功したほうの人物・政党が勝つというその勝敗のつき方も、これは「選挙祭り」の風景なのだ、と考えると色々と腑に落ちる。祭りだから当然うるさくなるし、祭りだから思わず目をひく珍キャラ・ゆるキャラがいた方が楽しいし、祭りだから政策などの細かな議論は抜きにした人々の高揚感が大切なのだ。そしてこの祭りは伝統行事でもある。大相撲や紅白と同じで、ときどき不祥事があったり、なんやかんや言われたりしながらも続いていく、それが老舗の力なのだ。

そこで選挙割

選挙割がグッドアイディアである理由は、そんな祭典に乗っかり、より一層のフェスティバル感を誘発しているからだ。「お得になるようだし、選挙に行ってみよう」という発想はまるでバーゲンのような話だけど、結局そういうのが有効なのだと思う。低投票率を改善するために「政治にもっと関心を」とか言ってみても何も動きはしない。ワッショイ、ワッショイ、な祭りの渦中にどれだけ多くの人数を取り込めるかが最も肝心な争点である。

用語の一覧を見る