Browse By

BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールとは・意味

BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールとは?

SFA(営業支援システム)、 CRM(顧客管理システム)、Excelなど異なるツールに分散している企業のデータを集約、分析し、その結果をグラフなどでわかりやすくビジュアライズするシステムのこと。経営判断のスピードと精度を高めることに寄与するツールである。

BIツールが備える基本的な機能は、以下の5つ。

  • レポート
  • KPI(重要業績評価指標)を可視化し、異常を発見したときにアラートを配信する(分析結果をもとに資料を作成する、レポート出力機能の意味で使われる場合もある)。

  • 多次元分析(OLAP)
  • 様々な角度からデータの分析を行う。スライシング、ドリルダウン、ドリルアップなどが含まれる。

  • データマイニング
  • 大量のデータから、人間が気づかない規則や相関関係を発見する。

  • ダッシュボード
  • BI ツール上やブラウザの画面で、多次元分析やデータマイニングの結果が見られる。

  • プランニング
  • シミュレーション機能で複数のパターンを試し、予算計画や経営計画などの根拠を得る。

    人気のBIツール

    BIツールを導入する際は、自社で導入済みのシステムと連携が可能か、担当者がそのBIツールを扱えるかどうかを考慮して選ぶ必要があるが、比較的多くのサイトで紹介されている人気のBIツールは以下の通りだ。

    【無料で使えるもの】

    • Google Data Studio
    • Microsoft Power BI
    • Qlik Sense

    【その他】

    • MotionBoard
    • Actionista!
    • Yellowfin

    機械学習やAIとの連携

    BIツールを導入する企業が増えたことで、人の経験だけに頼らない情報管理が可能になったが、分析や統計などの専門知識を持ったユーザーでないとBIツールを使いこなせないという不便な面もある。

    近年は機械学習やAI(人工知能)を組み込むことで、データ分析を自動化できるようになってきている。特別なITスキルを持っていないユーザーが使うことを前提とした、セルフサービスBIも登場しており、 BIツールは今後も進化していく方向にある。

    用語の一覧

    あ行
    か行
    さ行
    た行
    な行
    は行