Browse By

バイセクシュアル(バイセクシャル)とは・意味

バイセクシュアル

バイセクシュアル(バイセクシャル)とは?

バイセクシュアルとは、恋愛感情や性愛感情が男女どちらにも向く性のあり方のこと。異性愛や同性愛のように対象となる性別が1つに限定されず、両方に魅力を感じる点が特徴だ。

性的少数者(セクシャルマイノリティ)を表すLGBTQ+の「B」にあたり、日本語では「両性愛者」と訳される。

バイセクシュアルの認知が広まり、国内外の多くの有名人がカミングアウトをしている。一方で世間からの偏見や差別は依然として残っており、LGBTQ+のコミュニティ内でも誤解されやすい現状がある。

性のあり方

バイセクシュアルについて理解する前に、まずは多様な性のあり方を4つの要素に分解して考えてみるとわかりやすい。

身体の性(法律上の性)

生まれた時の身体の特徴から女性か男性かに割り当てられる性別のこと。

心の性(性自認)

自身の性別をどのように認識しているかという要素。男性、女性、中性、考え中の人、決めたくない人など様々。

性的指向

恋愛感情や性愛感情が、どの性別に向いているかという要素。異性を好きになる人、同性を好きになる人、どちらの性も好きになる人、性別で好きになる人を決めたくない人など様々。また多くの場合、恋愛感情と性的感情は一致すると考えられているが、実際には異なる。

性表現

性格や仕草やファッションなど、自身をどう表現するかを表す要素。

バイセクシュアルの場合、このうちの性的指向が男女両方に向いているのが特徴である。自身の身体上の性や、自身の性別をどのように認識しているか(性自認)は問われない。

バイセクシュアルをめぐる偏見の例

「誰でも良いのではないか」「性に奔放なのではないか」と思われる

他のセクシュアリティと異なるバイセクシュアルの特徴は、男女両方に魅力を感じられることだ。パートナーが異性であったり、同性であったりと変化する中で、「相手が誰でも良いのではないか」と考えられてしまうことがある。

友人関係を築くのが難しいと思われる

男女両方に魅力を感じることから、「誰でも良いのではないか」と勘違いされてしまうことを先に述べた。このことから、バイセクシュアルであるとカミングアウトされたときに、「自分も相手の恋愛対象なのではないか」「友情関係が終わるのではないか」と思ってしまう人もいる。

同性愛になる過程なのではないかと勘違いされる

ヘテロセクシュアルから同性愛者になるまでの変化の過程だと思われてしまうことがある。

ヘテロセクシュアルに変化したのではないかと勘違いされる

バイセクシュアルに異性のパートナーができると、バイセクシュアルではなくなったのではないか、ヘテロセクシュアル(異性愛者)になったのではないかと認識されてしまうことがある。

バイセクシュアルと似ている用語

ここでは、バイセクシュアルと似ている用語をご紹介する。

・Pansexual(パンセクシュアル):相手の性のあり方にとらわれず、あらゆる性別の人を愛する人。日本語では「全性愛者」と訳される。バイセクシュアルが男性または女性に性的思考が向いているのに対して、パンセクシュアルは性別を問わず全ての性自認を持つ人が恋愛対象となる。

・Polysexual(ポリセクシュアル):2つ以上の性を持つ人を愛する人。日本語では「多性愛者」と訳される。バイセクシュアルのように男性や女性だけではなく、多様なセクシュアリティの人が恋愛対象となりうる。

・Bilomantic(バイロマンティック):男性と女性どちらにも恋愛感情を抱く人。男性と女性の両方に性的感情を抱くとは限らないのがバイセクシュアルとの違いである。

・Bicurious(バイキュリアス):男性と女性両方に恋愛感情を抱くことに興味や好奇心がある状態の人。バイセクシュアルと自認する前段階の人である。

まとめ

わたしたちの性は、男女やLGBTQという枠でくくれないほど、もっとカラフルだ。全ての人が自分らしく、愛する人と堂々と生きていける世界になることを願っている。

【関連ページ】性の多様性
【関連ページ】アセクシュアル(エイセクシュアル)
【関連ページ】パンセクシュアル
【関連ページ】ノンバイナリー




用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
V
W
X
数字

FacebookTwitter