Browse By

デカップリング(分離)とは・意味

デカップリング

デカップリング(分離)とは?

デカップリングは、連動性の強い二つのものを切り離すこと、または連動しなくすることを指す。農業分野や経済分野など、さまざまな場面で使われているこの言葉だが、本記事では環境分野とサーキュラーエコノミーの文脈におけるデカップリングを説明する。

サーキュラーエコノミーの文脈におけるデカップリングとは、すなわち「経済成長とエネルギー消費を切り離すこと」だ。地球の資源には限りがあり、人間が地球に与えることができる環境負荷にもまた限りがあるという前提のもと、経済が成長して私たちの生活がさらに便利になっても、なお資源を枯渇させず、環境負荷も大きくしない施策が今、世界中で求められている。具体的には、資源の循環利用やエネルギー多消費の産業構造の改革などによって実現が可能である。

デカップリングの議論が大々的にされ始めたのは、EUが2005年に「廃棄物の排出抑制・リサイクルに関する戦略」と「持続可能な天然資源利用に関する戦略」という二つの戦略を打ち出したころからだと言われている。当時は、限りある資源をどうすれば持続可能に使えるのか、に焦点が絞られていた。

時が経ち、英オックスフォード大学の経済学者ケイト・ラワース氏は、今の私たちが気候危機を阻止できる最後の世代だとし、二つのデカップリングについて説明した。

  • 相対的デカップリング:水やエネルギーなど、資源の利用効率を高め、GDPが資源利用の増加率を上回ること
  • 絶対的デカップリング:GDPの上昇と共に資源利用が絶対量で減ること

同氏は、著書『ドーナツ経済学が世界を救う 人類と地球のためのパラダイムシフト』の中でこう述べている。

「高所得国でGDPの成長が続いた場合、経済活動を地球環境の許容限界内に戻すためには、相対的や絶対的なデカップリングでは足りず、十分な絶対的カップリングによって、成長に関わる資源利用を減らさなくてはならない。

十分な絶対的デカップリング:地球環境の許容限界内に戻すために十分な規模のデカップリング

デカップリングを実現している国はあるのか

ケイト氏によると、CO2の排出量でいえば、オーストラリアやカナダなど高所得国の多くは絶対的デカップリングを達成してはいないという。しかし、一定期間に絞ってみれば、輸入品に含まれるCO2排出を加味しても達成できそうな国はある。それがドイツやイギリスだ。

2000年から2013年のあいだで、ドイツではGDPが16%成長すると同時に、消費ベースのCO2排出量は9%減った。イギリスでも、GDPが26%成長したのに対して排出量が9%下落している。しかしこれでは、まだ十分とはいえない。なぜなら、CO2は10年以上かけてではなく、「毎年」8~10%減らさないと、世界経済を環境の許容範囲に戻すことはできないという研究が出ているのだ。

経済成長をさせながら資源は最低限のみ使うという「グリーン成長」の夢は、まだ遠いようである。

デカップリングを実現するためのアクション

地球全体を見渡すと、飢餓や貧困で苦しむ人や、医療サービスに頼ることのできない人もたくさんいる。その人たちも含めたすべての人間が尊厳ある生活をするために、ある程度の豊かさは必要だ。

では、環境負荷を絶対的で減らす絶対的デカップリングを実現するにはどうしたらいいのか。先述の本の中では、以下の三つの方法が提案されていた。

  1. エネルギーの供給源を、化石燃料から再生可能な燃料に速やかに切り替えること。現在は、とりわけ太陽光発電のコストが安くなっている。
  2. 資源の利用効率の高い循環型の経済を築くこと。これまで、資源を「Take(取って)」「Make(作って)」「Waste(捨てる)」という一直線の経済モデルにおいて廃棄されていたものを価値ある資源として捉え直し、地球の供給源と吸収源の範囲内でぐるぐると循環させる。
  3. デジタルの商品・サービスによって「無重力経済」を拡大する。無重力経済においては、モノではなく精神や知恵、アイデアなどがGDPの成長をけん引する。

私たち一人ひとりができる行動としては、できるだけ再生可能エネルギーを選んだり、古着などのリユース製品を購入したり、環境を再生する企業にお金を使ったりすることなどがある。

経済をある程度成長させて貧困や飢餓のない社会的公正を実現しながら、環境負荷はむしろ減らしていく。そんなデカップリングは、これからの社会においてますます重要なキーワードとなるだろう。

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
H
I
L
M
P
Q
R
S
T
V
数字

FacebookTwitter