Browse By

アドボカシー・マーケティングとは・意味

マーケティング

アドボカシー・マーケティングとは?

企業が顧客からの信頼を獲得し、長期的利益を得るために、顧客にとっての最善を徹底的に追求するマーケティング手法のこと。この顧客第一主義のマーケティングには、他社製品の推奨や自社製品の瑕疵の積極的な開示などが含まれる。

アドボカシーは「支援」「擁護」「代弁」といった意味を持ち、マーケティング用語では自社のサービスや商品を熱心に支持して使ってくれるファン心理のことを指す。言い換えれば、アドボカシーは顧客のロイヤリティが極まっている状態を指し、アドボカシー・マーケティングはそういったロイヤリティが極まっている顧客を多く抱えようとするマーケティングの志向性のことを指す。

ITの進化により、企業と顧客の力関係は逆転した

アドボカシー・マーケティングが注目される背景には、インターネットが普及したことにより、マーケティングの主導権を握る主体が企業から顧客にシフトしてきているという状況がある。

企業が発信する情報以外に、顧客が自分で情報を収集できなかった時代と異なり、今は誰もがインターネットでクチコミを検索できる。顧客のほうが商品のニーズや評判について詳しく、発言力も持つという状況すら生まれている。

こういう状況下では、企業は一時的には自社の利益に反しても、良い点と悪い点を正直に発信して顧客利益を最大化するほうが、顧客との長期的な信頼関係を構築できると考えられる。アドボカシー・マーケティングは企業にとっての目先の利益ではなく、長期的なメリットを追求する姿勢だと言える。

マーケティングの担い手となる顧客を獲得する

アドボカシー・マーケティングを通じて顧客満足度を高めることができれば、その顧客は他者に自発的に商品を推奨してくれる可能性がある。インターネットが普及した現代では悪評が広まりやすいが、ひるがえせば良い評判も広まりやすい。ネット時代だからこそ高い満足度がもたらすクチコミを重視するというのが、アドボカシー・マーケティングの戦略だ。

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行