Browse By

地球幸福度指数(HPI)とは・意味

地球幸福度指数

地球幸福度指数(HPI)とは?

地球幸福指数(Happy Planet Index。以下、HPI)は、イギリスのシンクタンク、ニューエコノミクス財団が3~4年ごとに発表する「持続可能な幸福」を測る指標のこと。HPIは次の4つの要素を組み合わせて算出される。

    HPIの測り方・基準

  • ウェルビーイング:各国の住民が生活にどれだけ満足しているか
  • 平均寿命:各国で予想される平均余命年数
  • 国内格差:寿命や幸福度の観点から各国内で生じている不平等
  • エコロジカル・フットプリント:各国の住民一人ひとりが環境へ与える影響

各国の経済発展の度合いではなく、人々の暮らしの満足度や、環境資源を効率的に使っているかなどから幸せの持続可能性が導き出される。

わかりやすく言えば、「環境に配慮しつつも、人々が長く幸せに暮らすにはどうしたらよいか」という視点に立つのがHPIだ。国内総生産(GDP)に替わる次世代の指標として注目を集めている。

地球幸福度指数(HPI)世界一は中米コスタリカ

HPIランキング世界1位は、太平洋とカリブ海に面する自然豊かな国コスタリカだ。2019年名目GDPは191か国中78位と決して高くはないが、HPIでは2009年、2012年、2016年の3回連続(集計は3~4年ごと)で首位を独占し、世界有数の環境先進国として知られる。

その背景には、経済成長のために熱帯雨林の伐採を進め、環境や生態系を脅かしたコスタリカ政府の反省がある。政府は1996年、許可なく伐採を行うことを禁止し、熱帯雨林の保護と植林を開始。破壊から再生へと方針を大きく転換した。

コスタリカでは現在、プラスチックフリーとカーボンニュートラル国家の実現に向け、電力はほぼ100%を再生可能エネルギーで賄っている。他にも、エコツーリズム推進や化石燃料使用の削減など、国民にも地球にも優しい国づくりを進めている。

なぜ地球幸福度指数(HPI)が注目されるのか?

私たちはこれまで、「経済発展が人々に豊かで幸福な暮らしをもたらす」と信じてきており、現在も人々の幸福度を保つために経済成長の施策が取られることもある。しかし経済成長が進んでいるにもかかわらず、貧富の差、不安定な経済成長、気候変動の脅威などにさらされている。

たとえば、2019年名目GDP世界1位のアメリカは、2016年発表のHPIで140カ国中108位。平均寿命31位、ウェルビーイング18位と上位に位置する項目もある。しかし、環境負担は世界ワースト4位で、国内格差34位は欧米諸国で最も低い順位だ。

名目GDP3位の日本は、HPIでは58位。平均寿命は世界2位、国内格差18位、ウェルビーイングは39位だが、エコロジカル・フットプリントは109位と環境負荷の大きさは後れを取っている。加えて、前回の45位から大きく後退する結果となった。

このように、どんなに経済が成長しても、環境汚染や気候変動があっては安心な暮らしが脅かされ、不安定な経済成長や貧富の差は人々の幸福を妨げる。HPIは、経済成長にだけ重きを置いた国の在り方に疑問を投げかけている。

【参照サイト】Happy Planet Index
【参照サイト】This country regrew its lost forest. Can the world learn from it?
【参照サイト】esencial COSTA RICA
【参照サイト】GDP Ranking

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
H
I
L
M
P
Q
R
S
T
V
数字

FacebookTwitter