Browse By

シーライオニングとは・意味

シーライオニング

シーライオニングとは?

シーライオニング(Sealioning)とは、本当は理解する気がないのにもかかわらず、相手に礼儀正しく素直なふりを続けながら、執拗に質問を繰り返し相手を疲弊させる嫌がらせや荒らし、ハラスメントのこと。主に、オンライン上での行為に対して使われる。

語源は、英語のシーライオン(アシカ)から。2014年の9月にアメリカのデザイナー David Malki !(デイヴィッド・マルキ !)氏がWondermark(ワンダーマーク)という自身が運営するWebサイト上のページで紹介した漫画が発端だ。タイトルは「The Terrible Sea Lion(訳:ひどいシーライオン)」(※1)

漫画では、女性が「シーライオンが苦手なんだよね」と公共の場で発言したところ、突如シーライオン(見ず知らずのしつこい他人のメタファー)が出現。「より良い対話のために聞かせてください」「シーライオンがあなたにどんな悪いことをしたのか、証拠はありますか?」「あなたの意見を支える根拠は?ないんですね?」などと昼夜問わず執拗に質問を繰り返し、女性を疲弊させる。

そして女性の家にも自ら乗り込み「あなたは一度公共の場で声を上げましたよね(だからこのように責められるのは当たり前ですよね)」「会話がしたかっただけなのに、失礼だ」などと発言。この一連のやりとりから、シーライオンを動詞化したシーライオニングという言葉が生まれた。

シーライオニングの問題点

シーライオニングをしてしまう人は、事象に対する基本的な知識や、他の場所でも容易にリサーチできる内容について執拗に質問し続けたり、さらには関係のないトピックを持ち出したりしながら、相手に回答や証拠を求める。

ここでの問題点は、こうしてしつこく本筋と関係ない質問に答えなくてはならない状況が作られることは、もともと何かの問題に対して声を上げている人の忍耐力や集中力などを疲弊させることだ。

なお、先述した漫画では、女性の発言にも動物差別や人種差別的な問題が含まれるのではという批判も集まっている。しかし、作者は「漫画はあくまで比喩表現であり、シーライオンや特定の動物を表すものではない。人間の特徴的な行動を比喩しており、人種や種などを表現していない」とコメントしている。

シーライオニングは、無意識かそうで無いかにかかわらず、発信している人を傷つけることに繋がってしまう。誰もがSNS上で繋がれる時代だからこそ、声を上げる人も、質問する人も、本当に議論すべき相手以外には自分の大切な時間を費やす必要はないのだ。オンライン上の世界で疲弊してしまわないように、自分自身をしっかり守り、対話すべき相手としっかり向き合っていく状況を目指したい。

※1 #1062; The Terrible Sea Lion(Wondermark)




用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
V
W
X
数字

FacebookTwitter