Browse By

IaaS(Infrastructure as a Service)とは・意味

IaaS

IaaSとは?

Infrastructure as a Serviceの略。クラウドサービスのひとつで、サーバー、ストレージ、ネットワークなどのITインフラを提供する。ここでいうインフラとは、コンピューターの基礎を担う構造のことを指す。

サービスの提供範囲という意味ではホスティングサービスとほぼ変わらないが、IaaSではユーザーがCPU、メモリ、ストレージなどのスペックを自由に選択できる点が異なる。代表的なIaaSのサービスとしては、以下が挙げられる。

  • Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)
  • Google Compute Engine(GCE)
  • Azure IaaS

IaaSを使うには専門知識が必要

コンピューターを使う場合、コンピューター本体、Windowsなどのオペレーティングシステム(OS)、そしてMicrosoft Officeなどのアプリケーションが必要になるが、このうちIaaSで提供されるのはハードウェア環境のみだ。つまり、ユーザーは自分でOSやアプリケーションなどを導入し、設定しなければならない。

またインフラの設計などにも専門知識が必要となり、クラウドサービスのなかでも特に取り扱いが難しい。このため、一般のエンドユーザーにはあまり馴染みがないサービスとなっている。

IaaSのメリット

取り扱うには専門的なスキルが必要となるIaaSだが、最低限の環境しか提供されないぶん、ユーザーはプラットフォームやアプリケーションを自由に開発できるメリットがある。

また料金面でも、利用したぶんだけを支払う従量課金制を取るサービスが多いため、コストを削減しやすいメリットがある。

IaaS、PaaS、SaaSの区別

IaaSとよく比較されるサービスとして、PaaS(Platform as a Service)とSaaS(Software as a Service)がある。この3種類のサービスは、ソフトウェアサービスの構成要素のうち、どのレイヤーまでを提供しているかによってそれぞれ名称が異なる。インフラのみを提供するのがIaaS、インフラとプラットフォームを提供するのがPaaS、インフラとプラットフォームとアプリケーションを提供するのがSaaSとなる。

【関連記事】SaaS(Software as a Service)とは・意味

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行