Browse By

インクルーシブデザインとは・意味

インクルーシブデザイン

Image via shutterstock

インクルーシブデザインとは?

デザインをするうえで、これまでデザインの対象から排除されてきた人々を巻き込み一緒にデザインを行っていくイギリス発祥のデザイン手法のこと。

似た言葉として挙げられるユニバーサルデザインの場合、誰でも使いやすいようなデザインを「デザイナーが」考案する。一方、インクルーシブデザインの場合、デザイナーだけでなく、「これまで社会から排除されてきた人(エクストリームユーザー)」を巻き込み一緒にデザインをしていくのが特徴である。デザインの最初の段階からエクストリームユーザーの気づきや意見、感情に耳を傾け、当事者ならではの着想を活かしてモノを作り上げていくのだ。

ユニバーサルデザインの手法では、一つの商品で幅広いユーザーを取り込めるよう対象を広げていくのに対し、インクルーシブデザインでは「極端なニーズ」から(マジョリティが気づかないような)潜在的ニーズを掘り起こし、多くの人が使いやすいデザインを見出そうとするのが特徴である。

【参照サイト】インクルーシブデザインによるソーシャル・インタラクションの設計可能性についての素描| 21世紀社会デザイン研究学会
【参照サイト】Inclusive Design Tool Kit| University of Cambridge
【関連ページ】バリアフリーとは・意味
【関連ページ】ユニバーサルデザインとは・意味

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
I
M
P
Q
R
S
V
数字