Browse By

グリーン・スワンとは・意味

green-swan

グリーン・スワンとは?

グリーン・スワンは、気候変動が引き金となる新たなグローバル金融危機のこと。金融業界でよく使われる用語「ブラック・スワン」の気候変動版である。

「ブラック・スワン」とは、従来の知識では予想できないが、起きた時のマーケットへの衝撃が大きい事象のことで、元ヘッジファンド運用者でもある研究者、ナシーム・ニコラス・タレブが著書『ブラックスワン(The Black Swan)』(2007年刊)で使い始めた。具体例としては2008年のリーマンショックなどが挙げられる。

この「ブラック・スワン」のように、気候変動をきっかけとした大規模な金融危機が起こるかもしれない、という警告から「グリーン・スワン」という言葉が生まれた。

グリーン・スワンという言葉のきっかけとなった論文

「グリーン・スワン」という言葉は、国際決済銀行(BIS)と、フランスの中央銀行であるフランス銀行(Banque De France)の専門家がまとめた「グリーン・スワン:気候変動の時代における中央銀行の役割と金融の安定」(The green swan: Central banking and financial stability in the age of climate change)という論文のタイトルになっている。2020年1月に発表されたこの論文で、初めて「グリーン・スワン」という言葉が使われた。

グリーン・スワンがもたらす影響

論文「グリーン・スワン:気候変動の時代における中央銀行の役割と金融の安定」では、気候変動対策をおこなうことで、市場や社会の環境が急激に変化し、価値が大きく損なわれる座礁資産が増えることを指摘。それにより、投資家による投げ売りが発生し、結果的に金融危機が起こると警告している。

また、その他の危険性として、信用・市場リスクの影響でバランスシートが損なわれた銀行で、短期のリファイナンス(借入金の組み換えや借り換え)ができなくなり、貸出市場で緊張が高まる可能性にも言及している。

加えて、気候変動による災害の影響で銀行などの金融機関のオフィスやデータセンターの運営が滞ることや、それによるバリューチェーン全体への影響も懸念されている。

グリーン・スワンとブラック・スワンの相違点

「グリーン・スワン」は「ブラック・スワン」のコンセプトを借りて生まれた言葉だが、異なる点が3つある、と論文は指摘している。1つ目は、気候変動リスクが将来現実のものとなることに一定の確実性がある点。2つ目は気候変動によっておこる大惨事は、これまでの金融危機よりもさらに深刻だという点。3つ目は、金融危機よりも一段と複雑な、環境、社会、経済を巻き込んだ連鎖反応を起こしかねない、という点だ。

グリーン・スワンへの今後の対策

論文の序文で、BISの総支配人を務めるアグスティン・カルステンス氏がいくつかの対策を挙げている。その1つが炭素税の実施だ。温室効果ガスを排出する企業などの経済主体に炭素税を課す仕組みだが、合意形成に時間がかかるのが課題だ。他の施策としては、ステークホルダーの意識を高めること、そして、中央銀行のマンデート(付託された使命)により、政府、民間部門、市民社会、国際社会など、様々な場面での幅広い措置を実施することが挙げられている。

さらに具体的に、各国の中央銀行がおこなう対策として、適切なストレステストによる、気候変動によるリスクの監視、より良い気候変動リスク評価の手法の開発、各国の年金基金へのESG(環境・社会・ガバナンス)基準の導入などを提案している。

序文の終わりで、アグスティン・カルステンス氏は、既に気候変動対策は待ったなしの状況であり、一刻も早く対策をおこなっていかなければならない、と述べている。今後、世界中でますますグリーン・スワン対策の重要性が高まりそうだ。

【参照サイト】The green swan: Central banking and financial stability in the age of climate change
【参照サイト】気候リスクは「グリーン・スワン」。国際決済銀行とフランス銀行が共同レポートで指摘。中央銀行の危機対応力が機能しない可能性に言及。ブラック・スワン理論を援用(RIEF)
【参照サイト】「グリーン・スワン」リスク、気候変動が金融危機の引き金に(Forbes JAPAN)
【参照サイト】気候変動で世界的な金融危機も-BIS論文「グリーン・スワン」警告(Bloomberg)
【関連ページ】気候変動

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
H
I
L
M
P
Q
R
S
T
V
数字