Browse By

クィアベイティング(Queer‐baiting)とは・意味

クィア

クィアベイティングとは?

クィアベイティングとは、実際に同性愛者やバイセクシャルではないのに、性的指向の曖昧さをほのめかし、世間の注目を集める手法である。

性的マイノリティや、既存の性のカテゴリに当てはまらない人々の総称であるクィア(Queer)と釣りなどに使うエサを意味するベイト(bait)を組み合わせた言葉だ。由来の通り、同性愛者やバイセクシャルであるかのような匂わせをすることで、LGBTQ+の人々をはじめ、世間の人々をひきつけようとするマーケティング・ブランディング手法である。

LGBTQ+が注目を浴びる昨今、クィアベイティングが批判を浴びており、炎上要因にもなりえる。批判される理由は、同性愛者やバイセクシャルのアイデンティティを商品化し、注目を集めるための釣りエサにしている点にある。

クィアベイティングの起源

クィアベイティングという言葉が誕生したのは、約10年前の2010年代初頭。当時、大ブレイクしていたアメリカCW局のドラマ「スーパーナチュラル」や、イギリスBBC局のドラマ「シャーロック」の登場人物の関係性について言及が起こったことからはじまった。

ドラマ中では、同性同士の登場人物が友情以上の関係をほのめかしながらも、結末はそういった関係ではなかった。そういったドラマの構成にLGBTQ+コミュニティや作品ファンから「視聴者を誤解させる」という批判が殺到したのだ。

アメリカアリゾナ州立大学のジュリア・ヒンバーグ教授が上記の流れをクィアベイティングという言葉が生まれるきっかけとなったと解説している。彼は上記のようなドラマの構成について、「クィアベイティングはさまざまな視聴者をターゲットにするため、保守的な人々を攻撃しない。その一方で、LGBTQ+のマーケットもターゲットにしたいために、彼らにも伝わる方法を使用した。」と語っており、これが計算尽くの戦略だとされ、クィアベイティングに批判が高まるきっかけとなった。

クィアベイティングへの批判事例

先述の通り、LGBTQ+が注目を浴びるなかでクィアベイティングへの批判や指摘は増えてきており、一流ブランドや海外セレブが標的になることもしばしばある。
ここでは、いくつかの事例を挙げ、どういった内容に人々は声を挙げているのか考えてみたい。

カルバン・クラインのキャンペーン

2019年5月に世界的アパレルブランドのカルバン・クライン(Calvin Klein)が発表したキャンペーン「SPEAK MY TRUTH IN #MYCALVINS」。このキャンペーンで公開された動画で、女性モデルのベラ・ハディットとバーチャルインフルエンサーの女性であるリル・ミケーラの熱烈なキスシーンが話題になった。

しかし、ベラ・ハディットは実生活では男性と交際する異性愛者であるため、LGBTQ+コミュニティからクィアベイティングだと批判が殺到。炎上を受け、カルバン・クラインは異性愛者を同性同士のキスシーンに起用することは、クィアベイティングだと認識される行為だと認め、公式に謝罪している。

海外セレブへの指摘

クィアベイティングへの批判や指摘は、先述の通り海外セレブに向けられることもある。

例えばアメリカの女性歌手アリアナ・グランデは自身の楽曲「Monopoly」で、I like women and men(訳:女性も男性も好き)と歌ったことで、クィア・ベイティングだと批判を受けた。

また、同じくアメリカの女性歌手ビリー・アイリッシュは自身の楽曲「Lost Cause」のミュージックビデオで女の子たちと絡んだり、キスの真似事をしたりと同性愛をほのめかす演出をしている。曲の宣伝としてインスタグラムに投稿された画像にも「I love girls(女の子たちが大好き)」とキャプションもつけられており、自身のセクシュアリティを明かすべきだと批判を受けた。

こういった批判を受け、実際に自身のセクシャリティを明かすことになった海外セレブがイギリスの女性歌手リタ・オラだ。彼女も自身の楽曲「Gilrs」で、女性同士の性的関係を歌ってクィアベイティングだと批判を受けた。彼女は異性愛者だと思われていたからだ。しかし批判を受けた彼女はツイッターで謝罪と共に、自身がバイセクシャルであることをカミングアウトしたのだ。

クィアベイティングをめぐる議論

このように海外セレブや有名人、著名人に対してクィアベイティングの批判が巻き起こると同時に、自身の性的指向をカミングアウトすべきだという圧力が生じる。

しかし、国連人権委員会のサラ・マクブライド報道官は「どんな方法であれ、誰かに性的指向やジェンダー・アイデンティティーを表現することを強要できない。これは最も重要な事実だと考えている。」と指摘している。

クィアベイティングが問題視される一方で、クィアベイティングはLGBTQの存在感が増している現れであり、インクルーシブな社会へ向かっている象徴であるという声もある。また、クィアの世界観が楽曲、映画やドラマで表現されることは、クィアである若者の人生を変えるだけでなく、命を救うことにもなりえるとサラ・マクブライド報道官は語っている。

同性愛者やバイセクシャルの当事者が声をあげ勝ち取ってきた権利を、商用に利用することは許しがたい。しかしやみくもに全てを批判するのではなく、どういった点が問題であるのか、伝えたいメッセージは何なのか、傷つく人はいないのか、作り手も受け手もお互いを想像し、深く考えることからはじめたい。

【参照サイト】クィア・ベイティングは搾取か、それとも進歩の表れか(BBCニュース)
【参照サイト】Queerbaiting – exploitation or a sign of progress?(BBC News, Washington)
【関連記事】クィア(Queer)とは・意味
【関連記事】性の多様性とは?(What is Gender /Sexual diversity)




用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
V
W
X
数字

FacebookTwitter