Browse By

拡張分析(Augmented Analytics)とは・意味

拡張分析(Augmented Analytics)

拡張分析(Augmented Analytics)とは?

拡張分析は、機械学習やAI(人工知能)を組み込んだデータ分析のことを指す。従来のデータ分析との違いは、AIに膨大な量のデータの構造を学習させることで、分析を行い、人々にインサイト(洞察)を提供するところまでを“自動化”できることだ。IT分野の調査・助言を行うガートナー社は、拡張分析が分析コンテンツの作成、共有、解釈の方法を変革すると予測している。

近年の企業におけるデータ活用では、BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールの導入を行うことが主流となっている。分析しなくてはいけないデータの中には、CSVなど規則性のある構造データだけでなく、文書や画像、動画、グラフといった非構造データも多く、分析にはデータ整理や品質の確保、加工など事前にさまざまな手間とコストがかかる。

そこで、機械学習を手法をうまく利用し、複雑なデータの加工作業やアルゴリズムによるスキーマ検出、自然言語検索、プロファイリングなどを行うことができる拡張分析によってこれらの手間を省くことが求められるようになってきたのだ。単なるデータの整理だけでなく、人々が必要とする潜在的な情報やインサイトも提示してくれるため、データ・サイエンティストに欠かせない存在であり、競合する存在ともなりえる。

拡張分析を実現しうる日本のBIツール一覧

【参照サイト】How Augmented Analytics Is Transforming Data and Analytics

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
I
M
P
Q
R
S
V
数字