Browse By

GNR革命とは・意味

AI concept

Image via shutterstock

GNR革命とは?

G(遺伝子技術)N(ナノテクノロジー)R(ロボット技術)が革命的に進歩することを指す。この概念は、2005年に米国の未来学者であり、発明家・起業家であるレイ・カーツワイル氏によって提唱された。

GNRの発展で、以下のことが具体的に可能となる。

  • G(遺伝子技術): 発生段階から遺伝子改変されたデザイナーベビーの誕生、クローン生物の誕生、動物を使わない肉の出現による飢餓の克服、若返り
  • N(ナノテクノロジー): 医療用ナノボット、ナノソーラーパネル、乗り物のエネルギー効率向上
  • R(ロボット技術): 人間の知能を超える強いAI

AI(人工知能)が搭載されたナノメートルの分子機器であるナノボットが体内に入り込み、ピンポイントで病気を治療したり遺伝子を修正することができたり、ゲノム技術の発展によって人間の寿命が格段に伸びたりすることが予想される。そして、社会の変革の背景にある最も重要な要因であると考えられているロボット技術の発展によって、人間の知能を超える強いAIが、いずれロボットやソフトウェアを生み出すだろう。

これら3つの技術の相乗効果によって、世界中の社会構造や価値観、死生観が変化した未来が実現すると考えられている。

GNR革命とシンギュラリティ

GNR革命はシンギュラリティ(特異点)と密接に関連している。シンギュラリティとは、技術が進歩する速度が無限大になり、AIが再帰的に進化し人間を超えるという仮説である。GNRの3分野の革命が相乗的に起こることで、レイ・カーツワイル氏は2045年に、シンギュラリティを迎えると予期している。

シンギュラリティに到達し、今やっている仕事が奪われると恐れている人がいるかもしれない。しかし、こう考えてみはどうだろうか。AIを活用することで、生活を送るための仕事をやる必要がなくなると。これから「遊び」と「仕事」の区別のない時代が訪れようとするなか、「やらなければいけないこと」ではなく、「やりたいこと」を丁寧に見つめ直すことがますます大事になってくるのかもしれない。

【関連記事】AI(人工知能)とは・意味
【関連記事】シンギュラリティとは・意味

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行