Browse By

メタバースリクルートとは・意味

Metaverse technology future concept. VR virtual digital reality cyber metaverse simulation Innovation connection global blockchain experiences network futuristic. 3d rendering.
メタバースリクルート(Metaverse recruits)とは、仮想空間であるメタバースに対応した人材の採用を意味する。アメリカの大手広告代理店、Wunderman Thompsonのレポートで2022年のトレンドワードの一つに選ばれた言葉だ。

メタバースは現時点で、インターネット上にある多人数参加型の仮想空間(バーチャル空間)のことを指す。メタバースは、2024年には7,833億ドル(約88兆円)規模の市場になるとの見通しがあるとされる。そんなメタバースに対応した人材の採用が進んでいる。

Wunderman Thompsonは、今後数年間で、あらゆる種類の企業が仕事、生産、取引、コミュニケーションにおいて仮想空間と現実のハイブリッドモデルへと方向転換していくと予測。仮想空間におけるテクノロジーの融合と新たな消費者行動という2つの力によって、多くの企業が「バーチャルの柱」の育成を重要視しているのだ。

メタバースリクルートの事例

2021年10月、スポーツ関連のアイテムを中心に扱う企業、ナイキが7つの商標を申請。その中には「ダウンロード可能な仮想商品」と「仮想商品を特徴とする小売店サービス」の使用が含まれている。そして同月、同社はデジタル製品作成チームに必要とされるバーチャルマテリアルデザイナーの募集を開始した。

2021年11月にはイギリスのテレビ放送局ITVが、「ゲーム、エンターテインメント、広告の世界を融合させることを目指す」新構想Metavisionにおいて、メタバース・クリエイターを募集した。

オンラインゲーミングプラットフォームおよびゲーム作成システムを提供するRoblox(ロブロックス)社は、イギリスの投資会社メタベンチャーズと共同で、メタバースのグローバル・ファッション・ディレクターとしてジェマ・シェパード氏を業界で初めて採用した。同氏はトム・フォードやステラ・マッカートニーなど世界的なファッションブランドとのプロジェクトに携わってきた人物だ。

グーグル・クラウドは2022年1月にブロックチェーン専門家チームの採用を開始し、暗号資産市場の中でも急成長している分散型金融分野に参入した。

そして世界的なエンターテイメント企業であるウォルト・ディズニー・カンパニーも2022年2月、メタバース戦略を統括する幹部を採用している。

まとめ

またメタバースリクルートは、人材採用担当者と採用候補者の距離を縮めることも期待されている。

従来の採用は、採用担当者はこれまでコミュニケーションをとったことがない相手に働きかける必要があり、採用候補者も表面上しか分からない企業の求人に応募する必要があった。

メタバースによって、そんな取引的で人間味のない従来の採用プロセスに新しい道が開かれる。メタバースを用いた採用が行われれば、採用担当者はより多くの採用候補者との交流ができ、採用候補者は応募を決める前に多くの情報源に触れることができることが期待されている。

今後もメタバースがさまざまな業界に浸透していくことが考えられる。デジタル人材やメタバース戦略を採用する企業が、これからさらに増えるかもしれない。

【参照サイト】Metaverse recruits
【参照サイト】Metaverse may be $800 billion market, next tech platform|Bloomberg Profession Services
【参照サイト】What will be the impact of the metaverse on recruitment?
【参考文献】The Future 100: Trends and Change to Watch in 2022




用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
L
M
N
P
Q
R
S
T
V
W
X
数字

FacebookTwitter