Browse By

パッシブデザインとは・意味

パッシブデザインとは

Image via shutterstock

パッシブデザインとは?

エアコンなどの機械の力をできるだけ使わず、太陽の光、熱、風など「自然の力」を受動的に取り入れて室内環境を快適な状態に保つデザイン手法のこと。パッシブ(passive)とは英語で「受け身の」という意味の形容詞である。パッシブデザインを取り入れることで、電気やガスなどの使用量を抑え省エネルギーで「冬は暖かく、夏は涼しい家」を実現させることができる。

よく混同されるが、太陽光発電はエネルギーを「積極的(アクティブ)に」生み出す仕組みなので、パッシブデザインとは異なった種類の省エネの手法である。

パッシブデザインには、主に5つのポイントがある。

・断熱性を高める
適切な断熱材を使用し、建物の保温性を上げる

・太陽の熱を利用する
冬に太陽光を取り入れて、室温を高める

・太陽の熱を遮る
夏の暑すぎる日射しを遮り、室温を上げすぎないようにする

・自然風を利用する
窓の位置に高低差をつけるなど位置取りを工夫し、空気を上手に入れ替える

・自然光を取り入れる
自然光を取り入れ、人工照明を点けなくても過ごせる快適な明るさを保つ

パッシブデザイン画像

他にも、大気中の熱を利用して湯をあたためる、屋根に集まった熱を利用して家全体をあたためるなどといった方法がある。

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行