Browse By

バイオプラスチックとは・意味

プラスチック

バイオプラスチックとは?

「バイオプラスチック」とは、一般的に微生物によって生分解される「生分解性プラスチック」とバイオマスを原料に製造される「バイオマスプラスチック」の総称で用いられている。生分解性プラスチックは、通常のプラスチックと同様の耐久性を持ち、使用後は自然界に存在する微生物の働きで最終的に二酸化炭素と水にまで完全に分解されるプラスチックと一般的に定義されている。一方のバイオマスプラスチックは、バイオマス(生物資源)から作られた再生可能なバイオマス資源を原料として、化学的または生物学的に合成することにより得られるプラスチックと定義されている。バイオマスには主にトウモロコシ、藻類、小麦などから作られる再生可能な植物が利用される。

よく同類のものと定義されることが多いこの2つであるが、「生分解性プラスチック」は分解性に係る機能、「バイオマスプラスチック」は原料に着目しているため、「生分解性プラスチック」と「バイオマスプラスチック」は必ずしも一致するとはいえないので注意が必要だ。バイオマスプラスチックは再生可能資源であるバイオマスを原料としている点に特徴があるため、必ずしも生分解性という機能を有するわけではない。バイオマス由来の炭素と石油由来の炭素が混ざっているプラスチックも「バイオマスプラスチック」に含められることが多い。

バイオプラスチックの使用用途

生分解性プラスチックは、食品残渣等を生分解性プラスチックの収集袋で回収、堆肥化・ガス化することにより、食品残渣は堆肥やメタンガスに再資源され、収集袋は生分解されるため、廃棄物の削減に繋がる。また、マルチフィルムを生分解性プラスチックにすれば、作物収穫後にマルチフィルムを畑に鋤き込むことで、廃棄物の回収が不要となり、発生抑制に繋がる。主に、食品トレーや生ゴミ袋などに使用される。

バイオマスプラスチックは、焼却処分した場合でも、バイオマスのもつカーボンニュートラル性から、大気中のCO2の濃度を上昇させないという特徴がある。これにより、地球温暖化の防止や化石資源への依存度低減にも貢献することが期待される。主に衣料繊維や自動車などに使用される。

バイオプラスチックの欠点は?

バイオプラスチックというと、生物分解できるものと勘違いしてしまいがちだが、前文でも述べた様に生物分解ができない非分解性のバイオプラスチックもあれば、石油や化石資源を原料とするものもある。生分解性にも、おおまかにコンポスト(高温多湿)、土壌環境、水環境などがあり、「生分解性が高い」といっても、どの環境で生分解性を発現するかは生分解性プラスチックの種類によって異なる。また、製造過程でエネルギーを使用し二酸化炭素を排出するため100%完全なカーボンニュートラルとはいえないとの指摘もある。

バイオプラスチックの製品を買う場合には、それが完全に生物分解されるバイオプラスチックなのかをしっかりと理解して購入しなければ本当の意味で環境に良いとは言えないため注意したい。

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
I
M
P
Q
R
S
V
数字