Browse By

SaaS(Software as a Service)とは・意味

ソフトウェア

SaaSとは?

Software as a Serviceの略。ソフトウェアの提供者(サーバー)側がソフトウェアを稼働し、ソフトウェアのユーザー側が、インターネット等のネットワーク経由でその機能を利用する形態のこと。もしくは、この形態で利用できるソフトウェアのこと。代表的なSaaSとしては、以下のようなものがある。

  • Office Web Apps
  • Dropbox
  • Google Apps
  • Evernote

SaaSではインフラ(ストレージ、サーバー)、プラットフォーム(OS、ミドルウェア)、アプリケーションが利用可能。SaaSで提供されるインフラをIaaS(Infrastructure as a Service)、プラットフォームをPaaS(Platform as a Service)と呼ぶこともある。

パッケージソフトとの違い

パッケージソフトとはCD-ROMやDVD-ROMなどのパッケージで提供されるソフトウェアのことで、ユーザー側が自身の端末にインストールし、管理や運用を行う。

一方、SaaSではCD-ROM等のパッケージがなく、ソフトウェアはネットワーク経由で提供される。つまり、ソフトウェアの機能がネットワーク経由のクラウドサービスとして提供される。SaaSでは、サーバー側がソフトウェアの管理を行うため、基本的にユーザー側は最新バージョンへの更新など、ソフトウェアの管理を行う必要がない。

SaaSのメリットとデメリット

ユーザー側から見た時のSaaSのメリットおよびデメリットには、以下のようなものがある。

メリット

  • インストール作業を省けるため、短期間で利用を始められる
  • サービスを使ったぶんだけ料金を支払う方式で提供されることが多いため、導入コストを削減できる
  • パッケージソフトのようにソフトウェアを買い替えなくても、常に最新バージョンのソフトウェアにアクセスできる

デメリット

  • 機能やコードに対してレビューやリクエストを送ることが難しいため、ユーザーの意見が反映されにくいというソフトウエアのブラックボックス化
  • 一般的に月額料金を支払って利用するため、長期間利用した場合には割高となる可能性がある

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
I
M
P
Q
R
S
V
数字