Browse By

スマートホームとは・意味

スマートホーム

スマートホームとは?

スマートホームは、AI(人工知能)IoT(モノのインターネット)などを活用した住宅のこと。家電をインターネットにつなぐことで、暮らしを便利で快適にする。それらを支えるテクノロジーには、スマートフォン、音声コントロール、センサー、GPS自動コントロール等がある。

Amazon EchoやGoogle Homeに代表されるスマートスピーカー(対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能を持つスピーカー)は近年、急速な広がりを見せている。従来、機器をコントロールするには、何かしらの操作が必要であった。リモートコントローラーを利用することで機器まで近づかなくてもよくなったのだが、それでもボタンを押す必要があった。

しかしスマートスピーカーなら話しかけるだけで家電を操作できるため、非常に便利だ。たとえばテレビの電源のオンオフ、音楽を流す、調べものをする、メモを入力するなど。これらは、とりわけ体の不自由な高齢者や障がい者にとっては、大きなイノベーションである。

では、他にどのような家電が「スマート」になっているのだろうか。いくつか事例を見てみよう。時代の一歩先を行き、すでに導入している方もいるかもしれない。

スマートホームモニタリングシステム(スマートホームカメラ)

不在時に、遠隔の映像で家のようすを伺うことができる。空き巣対策のセキュリティ強化や、留守番しているペットを見守るといった使い方だ。

スマートロック

スマートフォンによって住宅の鍵の開け閉めを行うことができるスマートロック。設定によっては、何の操作も指示もなくても、スマホを持って自宅に近づくと自動で鍵が開き、離れると鍵が閉まるということもできる。

スマートボタン

スマートボタンは、子供が帰宅時に押すと、それが職場にいる親の携帯に通知が届くという使い方ができる。シンプルだが、微笑ましい家族のコミュニケーションだ。

スマートライト

スマートライトでは、時間帯によって照明の明るさ加減や色を自動で調整することができる。たとえば夜寝る前であれば、柔らかい弱めの光でリラックスする、といった使い方だ。

あらゆるものがスマートに

朝、目覚まし時計を止めると、AIが自動で明かりをつけ、天気予報を教えてくれ、朝食用のお湯を沸かしてくれるという便利な使い方もできる。今後は、家の建築時に、家電のあらゆる面にテクノロジーを組み込み、スマートホームとして設計されていく傾向がある。また従来の家でもニーズに従い、小規模から大規模なものまでシステムやデバイスの導入によってスマートホームにすることは、十分に可能だ。

同様の原理を街に適用させるのがスマートシティ、車はスマートカーと呼ばれる。将来的にはこれらが、スマートホームとも連携していくことが予想される。注意点としては、インターネットに繋がっているため、家電が持つデータをハッキングされる可能性があるということだ。スマートホームを推進する事業者にとっては、インターネットセキュリティ強化がより一層、重要になってきている。

【関連ページ】Internet of Things(モノのインターネット)とは・意味
【関連ページ】AI(人工知能)とは・意味

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行