Browse By

InsurTech(インシュアテック)とは・意味

InsurTech(インシュアテック)とは?

保険(Insurance)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語。保険会社が担当する保険の引受け、保険料の運用、保険金の支払い、保険商品の販売といった業務にテクノロジーを活用して、仕事の効率や収益性を高めたり、今までにないサービスを生み出したりすること。

簡単に言えば、金融とテクノロジーを掛け合わせたFinTech(Finance+Technology)の保険版(医療版)である。既存の金融機関や大手保険会社はもちろん、近年はさまざまなスタートアップが取り組む分野だ。具体例としてはスマートフォンアプリやウェアラブルデバイス、AIやビッグデータを利用して保険加入者の健康を支えるようなサービスである。

他にも交通事故を未然に防ぐために、最も安全なルートを教えてくれるカーナビチャリティに寄付できるP2P(ピアツーピア)保険など多岐にわたる。

保険会社は従来、「何か起こってしまった場合の備え」や「自分や家族が安心するための貯蓄」という位置づけだったが、テクノロジーの活用によって、これからは保険加入者の日ごろからの健康を支える存在となり、また事故などを防いで安全を保障できる存在となるかもしれない。

InsurTechはまだ新しい分野だけに、これからも興味深い事例が増えそうだ。

用語の一覧

あ行
か行
さ行