Browse By

プラスチックネガティブとは・意味

プラスチックポジティブ

プラスチックネガティブとは?

プラスチックネガティブとは、企業や個人が排出するプラスチック量よりも、自然界から回収するプラスチック量の方が多い状態を指す。2020年にアメリカのマイクロソフト社が提唱したカーボンネガティブとは、対象は異なるが概念としては同様である。

戦後からプラスチックの大量生産・大量消費が進められてきたことから、近年、プラスチックによる海洋汚染が深刻な問題となっている。しかし、プラスチックは私たちにとってあまりにも身近で欠かせないものとなっている今、完全にプラスチックを生活から切り離すことは難しい。

ゆえに、生産・消費した分より多くのプラスチックを自然界から取り除くことで、プラスチックによる環境汚染を減らそうという「プラスチックネガティブ」の考え方が生まれたのである。

「プラスチックニュートラル」や「プラスチックフリー」との違い

プラスチックネガティブを語るにあたって、類似した2つの概念「プラスチックニュートラル」と「プラスチックフリー」についても理解しておくと良い。

プラスチックニュートラルとは、企業や個人が、使用した分と同じ量のプラスチックをリサイクルに回すことで、プラスチック排出量の実質ゼロを目指す考え方を指す。プラスチックネガティブによく似た概念だが、プラスチックの排出量に対して、自然界からプラスチックを回収する量が「同じ(ニュートラル)」か「多い(ネガティブ)」かで異なっている。

プラスチックフリーとは、「脱プラスチック」「ノープラ」とも呼ばれ、そもそもプラスチックを使用しないことを意味する。スーパーやコンビニのレジ袋の廃止が最も分かりやすい例だろう。プラスチックフリーは、プラスチックの排出量0を目指すことから、プラスチックネガティブの概念とは大きく違うことがわかる。

いずれの概念も、考え方やアプローチの仕方は違っているが、プラスチックによる汚染を減らすという目的は同じである。一つの方法にとらわれるのではなく、状況に合わせて適切な考え方を採用していくことが重要だ。

プラスチックネガティブの概念を取り入れた企業事例

プラスチックネガティブは、排出した分よりも多くのプラスチックを自然界から回収することであるが、それは必ずしも、企業や個人が自らプラスチックゴミを拾いに行くことを意味するのではない。環境保護団体へ寄付をして、間接的にプラスチックの除去やリサイクルを推進することも立派なプラスチックネガティブに基づいた行動といえる。

国内ではまだあまり浸透していないが、海外では、世界規模でプラスチックニュートラルを推進するプラットフォーム「rePurpose Global(リパーパスグローバル)」と協業して、さまざまな施策を展開する企業も多い。

植物由来のサプリメント等を販売するアメリカのSapling社がその一例だ。同社は、製品が1つ購入されるごとに、その容器に使われている2倍の量のプラスチックを自然界から回収する取り組みを展開している。具体的には、rePurpose Globalと協業し、社会において軽視されがちなごみ収集に携わる労働者を保護する活動を行う。

また、イギリスでオーガニック化粧品等を販売するEVOLVE ORGANIC BEAUTY社も、rePurpose Globalからプラスチックネガティブの認証を受けた会社だ。同社が使用するプラスチックの2倍の量を、自然界から回収する取り組みを行っている。

具体的には、rePurpose Globalを通して、インドで有害なプラスチック除去を行う研究財団に投資することで、環境の汚染防止に貢献している。なんと年間10トン以上ものプラスチック除去に成功しているそうだ。

企業や個人にとって、プラスチックネガティブの概念に基づいた行動を起こすことは、手間や費用もかかり決して簡単ではない。しかし長期的な目で見れば、このような地道な活動の積み重ねが、未来の環境を守っていく唯一の手段と言えるだろう。

プラスチックネガティブ達成のために

プラスチックは、丈夫で軽くとても便利な素材であり、私たちの生活から完全に切り離すことは困難だ。しかし、廃棄されたプラスチックによる環境汚染は年々深刻化しており、手を打たなければ、生態系から私たちの生活にまで悪影響を及ぼすおそれがある。

そこでたどり着いた答えの一つが、プラスチックと共存しつつ汚染を減らすプラスチックネガティブの考え方だ。使った以上の量のプラスチックを回収するという、至ってシンプルなシステムである。

一方で、プラスチックの有効なリサイクル方法は確立されていないなど、まだまだ課題は山積みだ。プラスチックネガティブの考え方を一つの参考とし、社会の一員として、一人ひとりがプラスチックとの向き合い方を考えていかなければならない。

【関連記事】プラスチックフリーとは・意味
【関連記事】プラスチックニュートラルとは・意味
【参照サイト】National Media Group – The Differences Between Carbon Neutral, Plastic-Free, and Plastic Neutral Every Eco-Conscious Shopper Should Know
【参照サイト】rePurpose Global HP
【参照サイト】Sapling HP
【参照サイト】EVOLVE ORGANIC BEAUTY HP




用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
L
M
N
P
Q
R
S
T
V
W
X
数字

FacebookTwitter