Browse By

エシカルバンクとは・意味

エシカルバンク

エシカルバンクとは?

エシカルバンクとは、利用者から預かった資金を環境や社会に配慮したプロジェクトに融資・投資する金融機関のことである。ひたすらに利益を追求する従来の銀行とは異なり、サステナビリティを重視している点が特徴的だ。ドイツやオランダなど、欧州を中心に近年広がりを見せている。英語ではオルタナティブバンクや、ソーシャルバンク、サステナブルバンクとも呼ばれる。

エシカルバンクの定義は2つ。「すべての融資・投資先を公表していること」「それらの融資・投資先が軍事産業、原子力発電産業ではないこと」だ。透明性を確保することで、顧客からも信頼に足るかどうかが判断できるようになっており、グリーンウォッシュのように「私たちは環境にいい投資をしていますよ」という形だけのエシカルバンクは生まれにくい。

欧州ではこのエシカルバンクに分類される銀行が複数ある。いくつかご紹介しよう。

  • オランダ:Triodos bank
  • ドイツ:GLS Bank、Ethik Bank、Umwelt Bank
  • デンマーク:Andelskassen Oikos、Arbejdernes Landsbank、Folkesparekassen、Ikano Bank
  • スペイン:Colonya Caixa Pollença、Caixa Ontinyent、Coop57、Fiare
  • イギリス:Charity Bank、Ecology Building Society、Unity Trust Bank

日本でエシカルバンクを選ぶには?

では、日本でもエシカルバンクを選ぶにはどうすればいいのだろうか。環境NGO350.org Japanは、地球にやさしい銀行選びを促すキャンペーンサイト「My Bank My Future」を立ち上げているので、そちらを参考にするといいだろう。同サイトでは、「原発に関わる銀行」や「化石燃料に関わる銀行」、「地球にやさしい銀行」など分類された日本の銀行見比べ表や、銀行を変えた個人のエピソードなどが載っている。

環境、そして社会にとって良い金融機関を増やすには、私たち一般利用者も賢くならなくてはいけない。自分の預けているお金の行先を疑問に思い、知ったうえで、どこの銀行を利用するか考えてみる。そして、自分の理念に反する銀行にはお金を落とさない。そんな意識があってはじめて、エシカルバンクは生まれるのだ。

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
I
M
P
Q
R
S
V
数字