Browse By

リジェネレーションとは・意味

自然

リジェネレーションとは

「再生的」「繰り返し生み出す」といった意味を持つ言葉。気候変動やサステナビリティに意識を向ける人々の間で、地球規模の社会課題を解決するための新しい概念として注目されている。地球環境の持続可能性だけを追求するのではなく、地球環境を再生しながら、生態系全体を繁栄させていく考え方を指す。

リジェネラティブな行動に秘められた可能性

サステナビリティという概念では、地球に対するネガティブな影響を減らすことが行動の中心でプラスの側面を生み出すことに繋がらなかったり、人間が地球環境を外側から見て課題を解決しようとするため、人と自然が切り離された状態でのアプローチになっていたりするという限界がある。

リジェネレーションという概念では、地球システムに付加価値が生まれる仕組みを追求するため、生命体全体を成長させることに繋がる。また、地球システムの一端に組み込まれた人間が地球とともに繁栄していくという発想のため、自然との相互の繋がりを感じながら共生を目指すことができる。

組織や個人のあり方にも活かせる概念

地球レベルのリジェネレーション(再生)は最も包括的な目標だが、よりミクロなレベルで個人の生き方や組織のあり方を探求する場合にも、リジェネレーションという概念から学べるものは多い。

たとえば個人が心と体を再生したり意識を変えたりするためには、家族や友人など多様な繋がりに意識を向け、そのシステムの一部である自分を観察しながら、感情や身体性を含めた自分自身を受け入れるところがスタートとなる。自分の外側にあるものと繋がりながら、自分の内側を整えていくことができるのだ。

また、企業経営やビジネスの文脈で組織のレジリエンスを高めるには、組織を構成する一人一人が成長しやすい空間を創出し、多様な個人が目的意識を持ちつつ組織に貢献できるシステムを作れるかが重要な鍵となる。組織の繁栄は、組織を構成する一人一人の生命としての繁栄を大切にするところから始まるのだ。

アフターコロナ時代の経済システム、社会システム、医療システムなどを考える際も、システムを以前の状態に戻すという発想を超えた、再生と繁栄のための新たな挑戦が必要になるのではないだろうか。

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
H
I
L
M
P
Q
R
S
T
V
数字

FacebookTwitter