Browse By

トレーサビリティとは・意味

トレーサビリティ

Image via shutterstock

トレーサビリティとは?

トレーサビリティ(Traceability)とは「Trace(追跡)」と「Ability(可能)」という意味の2つの単語から成る言葉で、製品が「いつ、どこで、どのように、誰によって、何で」作られたのかという部分を見える化し、原材料の調達から生産、そして消費または廃棄まで追跡可能な状態にすることである。トレーサビリティにはさまざまな捉え方があるが、大きく「チェーントレーサビリティ」と「内部トレーサビリティ」という2つの方法に分けることができる。

  • チェーントレーサビリティ

原材料から生産、小売まで複数の段階で製品の移動が把握できる状態のことをチェーントレーサビリティという。トレーサビリティの概念で説明した、一般的にいわれるトレーサビリティはチェーントレーサビリティに該当する。

原材料、生産過程から販売にいたるまでの段階における製品の移動を把握できるため、生産者は自社製品がどこで加工され、消費されたかを追跡でき、消費者は生産者、生産場所などを追跡できる。

  • 内部トレーサビリティ

あるメーカー内でのある製造過程で商品がどのように移動をしているかを追跡することを内部トレーサビリティという。生産者は製品の原材料の仕入先、品質検査の結果、製造過程、その後どの業者におろしたのかを追跡または遡ることができる。

なぜトレーサビリティが重要なのか

トレーサビリティが確保されることによって、消費者や関係業者はその製品の安全性を確認することができる。また、生産者にとっては問題が起きた場合などに問題が起きた場所や工程を追跡することが可能となる。つまり、トレーサビリティが明確であることにより偽装を防ぐことにもつながる。近年では、データの改ざんをより強固に防ぐためにブロックチェーンを応用し、洋服の素材や労働環境に製造者までわかるスマートタグなどが開発されている。

消費者の安全意識の高まりに伴い、食品・医薬品業界から電気製品や自動車業界においても活用され始めている。今後、トレーサビリティがさらに広まり確実なものとなることで、消費者はより安全に購入をすることができ、生産者は消費者の信頼性を獲得することにつながるだろう。

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
H
I
L
M
P
Q
R
S
T