Browse By

ウェルネスとは・意味

Wellness

ウェルネスとは?

より良く生きようとする生活態度のこと。1961年にアメリカのハルバート・ダン博士が「輝くように生き生きしている状態」と提唱したのが最初の定義。

世界保健機関(WHO)による「健康」の定義「肉体的、精神的及び社会的に完全に良好な状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない」よりもさらに広い視野でとらえた健康観であり、「前向きに生きようとする心」や「自分に適したライフスタイルの確立」など、より自発的な健康促進に重きを置く概念である。

ウェルネス産業

ウェルネス産業の世界市場規模は、2018年時点で4.2兆ドル(約455兆円)だ。ウェルネス産業には、ウェルネスツーリズム産業、医療産業、ウェルネスフード産業、フィットネス産業、ビューティ産業、ウェルネス不動産などが含まれる。

ウェルネスツーリズムとは森林浴、温泉、ヨガ、ヘルシー食などを取り入れた、心と体の健康維持を目的に行われる観光のことである。ウェルネス不動産とは、自然と融合させた建物や体に優しい照明の導入など、心身ともに健康でいられる建設を手掛けるビジネスのことである。

さまざまな業界がウェルネスに取り組む

ウェルネスは健康よりも広範な概念であるため、医療に限らず様々な業界がウェルネス産業に参入し、市場の成長を後押ししている。

IDEAS FOR GOODで取り上げたウェルネス関連の取り組みとしては、予防医療の観点から子供に手洗いの大切さを学んでもらう「洗って読める絵本」、精神状態を改善するコンテンツを提供するスマホアプリ「Moodrise」などがある。飲食関連では、健康のためにあえてお酒を飲まないミレニアルズの需要に応える、お酒を出さないバー「Getaway」を紹介した。

琉球大学のウェブサイトによれば、時代や人々の価値観の変化に応じて、ウェルネスの概念も変化していくという。次代のウェルネスはどうあるべきか、解釈を加え深めることが求められているだろう。

用語の一覧

あ行
か行
さ行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
H
I
L
M
P
Q
R
S
T
V
数字

FacebookTwitter