Browse By

ケミカルリサイクルとは・意味

ケミカルリサイクル

ケミカルリサイクルとは?

使用済み資源を化学的に処理し、他の化学物質に転換して再利用するリサイクル手法。「化学的再生法」ともいわれる。

主な技術として、廃プラスチックを油に戻す「油化」やガスにして化学工業原料とする「ガス化」、製鉄所で還元剤として使用する「高炉原料化」、廃プラスチックからコークス・炭化水素油・コークス炉ガスを得る「コークス炉化学原料化」、廃プラスチック製品を化学的に分解して原料やモノマーに戻し、再度プラスチック製品に活用する「原料・モノマー化」がある。

生ごみ・紙ごみ・畜産糞尿・草木類などの「バイオガス化」や廃食用油の「ディーゼル燃料化」、「石鹸化」、食品廃棄物や食品製造副産物などの「飼料化」といった技術も含まれる。

ケミカルリサイクルの例

国内外のケミカルリサイクルの事例を紹介しよう。

ペットの再資源化

キリンホールディングスと三菱ケミカルは、ケミカルリサイクルによるペットの再資源化に向けた共同プロジェクトを実施している。両社が技術検討するケミカルリサイクルは、廃ペットボトルを純度の高いペット原料に再生でき、これまで熱回収や廃棄されていたペットボトル以外のペット製品もペットボトルとして再生できるのが特徴だ。

ごみからプラスチックを製造

積水化学工業と住友化学は、ごみを原料とした樹脂材料「ポリオレフィン」の製造に取り組んでいる。ごみを分別なしでエタノールに変換する技術の開発に成功した積水化学工業と、ポレオレフィンの製造に関する技術・知見を有する住友化学の協力で循環型経済への移行を推進している。

海洋ペットボトルからつくるスニーカー

スペイン発のファッションブランド「エコアルフ」は、海洋ペットボトルから再生した100%リサイクルポリエステル素材を使用する「UTOスニーカー」シリーズを発表した。同社が研究開発したこのリサイクルポリエステルは、高品質でほぼ無限にリサイクルでき、天然資源の浪費削減につながっているという。

ケミカルリサイクルの課題

ケミカルリサイクルの課題として、廃プラスチックの安定確保・プラスチック添加物の処理・輸送コストなどが挙げられる。

回収される廃ペットボトルの一部にはごみなどが混在しており、良質な廃ペットボトルの安定的確保が困難であるため、効率的な回収・分別技術が必要となる。プラスチックには、適切に処理しなければダイオキシンを発生させる恐れのあるハロゲン化合物が含まれていることが多く、こうした添加物の処理技術の確立も課題だ。大型設備は石油コンビナートなどに隣接して建設されている場合が多く、局地的であるため、輸送コストが高くなる懸念もある。

【参照サイト】プラスチックリサイクルの基礎知識
【参照サイト】リサイクル方法(再商品化手法)
【参照サイト】国内のケミカルリサイクルの課題と今後の対応
【参照サイト】国内のケミカルリサイクルの技術・市場動向
【参照サイト】メタンガス化が何かを知るための情報サイト

※本記事は、ハーチ株式会社が運営する「Circular Economy Hub」からの転載記事となります。

用語の一覧

あ行
か行

さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
D
E
F
G
H
I
L
M
P
Q
R
S
T
V
数字

FacebookTwitter