Browse By

アームチェア・アドボケイトとは・意味

アームチェア・アドボケイト

アームチェア・アドボケイトとは?

アームチェア・アドボケイト(またはアームチェア・アドボケート)は、FacebookやTwitter、Youtubeなどのソーシャルメディアを駆使して、社会課題に関する情報を発信する人のことを指す。実際に国会議事堂前でデモをしたり、街を行進をしたり、選挙に立候補したりしなくても、リビングで肘掛け椅子(アームチェア)に座りながら、小さな社会的インパクトをつくっていくことが特徴だ。

このアームチェア・アドボケイトの利点は、ソーシャルメディアを日常的に使っている人なら誰でもなれることである。自分が共感する社会的な発言、たとえば「働く従業員の人権を守ろう」という旨の投稿に「いいね」または「シェア(リツイート)」することで、世論の形成を手伝うこともできる。

また、すでにフォロワーが大勢いるインフルエンサーの場合は、多くの人の目に触れるので、社会を変える運動を起こそうと思って発言すれば大きなインパクトとなるだろう。社会的な発言は、多くの人から批判を受けることもあるし、一歩間違えば、自分は発言するだけで何も良い行動をしないスラックティビストにもなりかねないが、それでもアームチェア・アドボケイトの意義は大きい。

ソーシャルメディアの役割は、近年ますます多様化している。こんな課題がある社会を変えたい、と思うのであれば、いちど発言してみてはいかがだろうか。そこに共感が集まり、定期的に発信するようになれば、あなたの身の回りの社会が少し良くなるかもしれない。

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行