Browse By

FOMOとは・意味

FOMO(フォーモ)とは「fear of missing out」の略語で、直訳すると「取り残されることへの恐れ」となる。インターネットやソーシャルメディアの発達により情報が溢れるようになったことで、人々は常に周りが発信する最新情報に触れ続けていないとすぐに置いていかれる、継続的な関係が保てなくなる、成功へのチャンスを逃してしまう、といった恐怖を感じるようになり、このような言葉が生まれた。

毎日のように会っている友人同士でも四六時中つながっていないと安心できず、グループのチャットなどで少しでも連絡が途絶えると自分の知らないところで何か話が進んでいるのではないか、と疑心暗鬼になってしまうのもFOMOの典型だ。この現象は、現代ならではの社会的不安だと思われがちだが、1996年にマーケティング戦略を研究するDan Herman博士によって初めて確認され、2000年にビジネス誌The Journal of Brand Managementに掲載された。

一方、最近ではFOMOから進化して「JOMO(ジョーモ, joy of missing out):取り残されることの喜び」という言葉も生まれている。常に最新の情報を追い続け、誰かと繋がっていなければいけないという不安から解放され、むしろ積極的に受信する情報をコントロールすることで自分の生活に充実感を取り戻そうとする動きだ。

情報が溢れる現代において健全な精神状態を保つためには、ソーシャルメディアやインターネットとも適度な距離を保ちながら周りの情報発信に一喜一憂したりすることなく、自分にとって何が大事なのかをしっかりと見つめる力が求められていると言える。

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
I
M
P
Q
R
S
V
数字