Browse By

ヒュッゲとは・意味

ロウソクの明かりが灯る自宅でワイン片手に家族とディナーを楽しんでいる

ヒュッゲとは?

ヒュッゲ(Hygge)とは、デンマーク語で「居心地がいい空間」や「楽しい時間」のことを指す。ヒュゲリ(Hyggelig)は、その形容詞形である。今では、単なる一単語にとどまらず、デンマーク人の大切な価値観やマインドセットのひとつとなっている。

デンマーク人が「これはヒュッゲの時間だ」と呼ぶのは、たとえばロウソクや間接照明で照らされた自宅で食卓を囲みながら、家族や友人など大切な人と一緒に過ごす時間だったり、コーヒーや紅茶を片手に暖炉のまわりでゆったり語り合うひととき、さらに寒くて長い冬の間の晴れた日に公園で日向ぼっこをする時間などのことである。ときにはデンマーク文化で欠かせないアルコールやユーモアを楽しむなど、ヒュッゲはフランクで形式ばっておらず、リラックスしていることが一般的だ。

日本語でいうと、「ほっこり」や「まったり」という言葉のニュアンスに近いかもしれない。雪が降る寒い冬の夜に、家のコタツに入ってみかんを食べながら家族とテレビを見て笑っている瞬間だろうか。

「世界で最も幸せな国」ランキングで常に上位にランクインするデンマーク。その理由のひとつは、何気ない日常の中で、ヒュッゲの時間を大切にして、ちょっとした幸せを感じる瞬間を持つように意識しているからではないだろうか。

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
I
M
P
Q
R
S
V
数字