Browse By

昆虫食とは・意味

昆虫食

Image via unsplash

昆虫食とは?

昆虫をお酒に入れたり、炒めたり、佃煮にしたり、パウダーにしてクッキーに混ぜたりして、食べられる状態にしたもののこと。国連食糧農業機関(FAO)が2013年5月に発表した報告書によると、全世界で約20億人が1900種類を超える昆虫を食べているという。

昆虫を食べる習慣は日本を含め、アジア、アフリカ、南アメリカなどで昔からあったが、最近になって昆虫食が注目を集めるようになったきっかけは、FAOが上記の報告書で「食料問題の解決策として、昆虫食が有用である」と発表したことだった。また、2015年9月に開催された国連サミットで、昆虫が貴重なタンパク源として推奨されたことも注目を集めた。

昆虫食に期待が寄せられている背景には、地球規模の人口増加と、それにともなう食料不足の懸念がある。FAOによると、2017年時点で、健康的な食事を経済的に入手できない人が30億人以上いる。2050年には世界人口が約100億人に迫るとも言われるなか、誰もが栄養のある食事にアクセスできるようにするには、どうすればいいか。その答えのひとつとして、安価に入手できる昆虫食が有望視されているのだ。

昆虫食のメリットとデメリット

メリット

昆虫食は、環境面や健康面で多くの利点があると言われている。主なメリットは、以下の通りだ。

  • 栄養価が高い

イナゴを例にとると、タンパク質が70%で脂肪が10%以下という、高タンパク低脂肪な食材だ。災害などで食料が不足し、タンパク質が不足しがちなときに、昆虫が重宝されるかもしれない。

  • 少ない餌、水、土地で、たくさんの肉が早くできる

コオロギの肉を1キロ生産するのに必要な餌は約1.7キロ、鶏の場合は2.5キロ、豚は5キロ、牛は10キロと、大きな違いがある。コオロギの可食部が100%というのも、無駄がなくて良い。また、昆虫は豚や牛と比べて、出荷するまでの期間が短くて済む。

  • 生産時の温室効果ガス排出量が少ない

FAOの報告書では、コオロギ、バッタ、ミールワームが、豚や牛を飼育する場合と比べて、温室効果ガス排出量が格段に少ないことが示されている。少ない餌、水、土地の話もそうだが、生産時の環境負荷が小さいことは大きなメリットだ。

デメリット

一方、昆虫食のデメリットや気を付けるべき点としては、以下が挙げられる。

  • アレルギーのリスク

昆虫はエビ・カニといった甲殻類と近い生物であるため、エビ・カニにアレルギーがある人は昆虫食を控えたほうがいいだろう。

  • 公衆衛生上のリスク

FAOによると、昆虫が他の食材のように衛生的な環境で扱われる限り、病気や寄生虫が人間に伝染された事例は知られていない。とはいえ、昆虫食の危険性について、まだまだ研究を重ねなければならないという指摘もある。昆虫は鶏や豚などと同様に、食の安全を脅かす可能性があるということだ。

ゲテモノ扱いを変えられるか

怖いもの見たさで話題を集めたり、抵抗感を持たれたりする昆虫食は、実は将来的な食料危機や環境危機に備えて、世界で真剣に開発が進められている分野でもある。昆虫食に対して好奇心を持つ人たちに、いかにその背景を知ってもらうかが、今後の課題となるだろう

【関連記事】 英国発の飲食店サステナビリティ格付、日本で始動。仕掛人の元シェフ松山喬洋氏が語る食の未来
【参照サイト】 食品安全委員会
【参照サイト】 NPO法人昆虫食普及ネットワーク
【参照サイト】 食料安全保障と栄養の現状 | FAO駐日連絡事務所

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
H
I
L
M
P
Q
R
S
T
V
数字

FacebookTwitter