Browse By

規格外野菜とは・意味

imperfect produce

規格外野菜とは?

曲がっていたり傷がついてしまったりしていて、大きさや色、形、品質などが規格に適合しない野菜のこと。そもそも野菜には、市場で定められた「規格」があり、大きさはS・M・L、色や形、品質はA・B・Cなどで分けられる。

規格外のものは、カット野菜やジュースなどの加工食品として流通したり、農家が自家消費したりする以外は、多くが廃棄される。その廃棄率は生産量の約4割にものぼる。

規格外野菜はなぜうまれるのか?

野菜の規格化は、取引の簡素化、流通の合理化や出荷の簡素化を図る目的であり、どの産地から来てもスーパーに並べることができるメリットがある。しかし本来野菜は自然の中で育つものである。形がそろえられた工業製品とは異なる。

また、規格野菜の根底には「美しくて形の良いものしか買わない。売れない。」という日本で広まる消費者のエゴが大きく関係しているともいう。均一な大きさ、求められる品質に合わせるため、農薬を必要以上に使うこともあり、外国人が日本にくると、日本の野菜のきれいさに驚くという話もある。

規格外野菜の「もったいない」をなくすアイデア

最近は、これらの規格外の農産物に対しての解決策が少しずつではあるが登場している。

【参照サイト】規格外野菜ってなんだろう?

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行