Browse By

マンスプレイニングとは・意味

マンスプレイニング

マンスプレイニングとは?

マンスプレイニング(Mansplaining)は、男性が偉そうに何かを解説したり知識をひけらかしたりすること。「man(男性)」と「explaining(説明・解説する)」をかけあわせた用語である。SNSで性差別と戦う女性たちを中心に徐々に広がり始め、2010年にはニューヨークの「ワード・オブ・ザ・イヤー」に選ばれ、2018年には辞書最大手のオックスフォード英語辞典にも掲載された。

主に女性に対し、上司や年上の男性、友人、街で出会ったばかりの人、はたまた顔も知らないSNSのフォロワーから、上から目線かつ差別的ともいえる態度でマンスプレイニングは行われる。

たとえば、「車やバイクが好きなんて、女性にしては関心だ」という態度で、自分の知っている知識を話す。美術鑑賞をしている若い女性に、聞かれてもいないのに絵画の解説をする。特定の女性のツイートに、知らないと思って何かを教えるリプライをする。これらすべてマンスプレイニングである。

米国の政治や人権問題に取り組む著作家レベッカ・ソルニット氏は、「ロサンゼルス・タイムズ」が運営するサイトで2008年に発表されたエッセイ『説教したがる男たち』の中で、男性が女性に対して何か得意げに解説する現象は、特に女性ならみんな知っていることだと述べる。

マンスプレイニングは何が問題なのか?


人に対して解説や説明をする、ということ自体は悪いことではない。マンスプレイニングが問題視される理由は、それが「相手の女性は、(男性である)私よりも物を知らないだろう」という思い込みから見下すように行うことであり、根拠のない差別の考えを表す行動だからだ。

一つの事象に対して、もしかしたら自分よりも相手の方がずっと詳しいのかもしれない。しかしそんなことを考えもせずに、「若いから」「女性だから」「学がなさそうだから」と偏見を持って接するため、相手をうんざりさせたり、尊厳を傷つけたりする。先述のソルニット氏は、一部の男性に見られるこの行動は、自信過剰と無知が合わさった心理から来ていると話す。

実際のマンスプレイニングの事例に関しては、ツイッターで投稿されたこちらのスレッドが興味深い。「今まで一番イラついたマンスプレイニングは?」という問いかけに対し、多くの人の体験が集まっている。当たり前のようにしていた行動がマンスプレイニングだと気づくかもしれないし、自分もされた経験がある、と思う人もいるかもしれない。一度確認してみてはいかがだろうか。

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
H
I
L
M
P
Q
R
S
T
V
数字

FacebookTwitter