Browse By

ムーンショット構想力とは・意味

ムーンショット構想力

ムーンショット構想力とは?

ムーンショットとは、「ありたい未来」から逆算して立てられた野心的な計画や目標のこと。ときに世界をひっくり返すような破壊的で独創的なアイデアであるため、コストやさまざまな面で実現できるかどうかが難しいのだが、成功すれば社会に大きなインパクトを与えることになる。そんな地球規模のムーンショットを思いつき、周囲を巻き込みながら構想、実行していくのがムーンショット構想力だ。

ムーンショット構想力を持つ者は、物事を少しの改善で10%良くすることよりも、10倍良くする方法はないかと常に探す。イノベーターマインドと並び、エクスポネンシャル思考の土台となる力である。

今から50年以上前の1961年、アメリカの第35代大統領ジョン・F・ケネディは、アポロ計画に関するスピーチでこう言った。「我が国は目標の達成に全力を傾ける。1960年代が終わる前に、月面に人類を着陸させ、無事に地球に帰還させるという目標である」ここで言われた「月に向けたロケットの打ち上げ(英語でムーンショット)」が、このムーンショット構想力という考えが広まることとなったきっかけだ。

ケネディ元大統領のスピーチ(ショートバージョン)はこちら。英語だが、希望のもてる内容なので興味のある方は見てみるといいだろう。

【関連ページ】エクスポネンシャル思考とは・意味

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
I
M
P
Q
R
S
V
数字