Browse By

Bコーポレーションとは・意味

Bコーポレーションとは?

Bコーポレーションは、社会や公益のための事業を行っている企業に発行される民間認証制度のことである。Bコーポレーションを考案したのは、アメリカのペンシルヴァニア州にあるNPO団体「B-Lab」だ。社会貢献のためにビジネスを使う世界的なムーブメントを起こすことを目指している。

フェアトレードやオーガニック製品などの商品を認証する制度はあったが、Bコーポレーションは企業そのものを評価する制度である。Bコーポレーションを取得するためには、ビジネスのアカウンタビリティや透明性、社会的パフォーマンス、環境へのインパクトなどの条件をクリアすることが必要だ。

現在、世界50か国にある約2000社以上が認証を受けている。アメリカの企業だと、アウトドアメーカーのPatagonia(パタゴニア)やアイスクリームメーカーのBen & Jerry’s(ベン&ジェリーズ)などが名を並べている。

Bコーポレーションの取得方法

1. パフォーマンスの要件を満たす

会社の社会的・環境的パフォーマンスを評価するB Impact Assessment(Bインパクト・アセスメント)を完了し、200点のうち80点以上を取得する。B Impact Assessment(Bインパクト・アセスメント)は、無償でどんな会社でも利用出来るオンラインアセスメントである。

2. 法律的要件を満たす

企業の構造と規約文章を、Bコーポレーションの規定に合うように改正する。

3. 正式なメンバーの一員に

Bコーポレーションの相互依存宣言(Declaration of Interdependence )と同意書にサインし、各企業の収益に応じた年会費を払う。2年ごとに再評価を受け、更新していく。

日本での取り組み

日本では、素材の研究・開発をしている株式会社 シルクウェーブ産業や造園業の石井造園株式会社など、2018年4月時点で4社が登録されている。

【参考サイト】B Corporation
【参考サイト】一般社団法人 日本B・コーポレーション推進支援委員会

用語の一覧

あ行
か行
さ行