Browse By

B Corp(B Corporation)とは・意味

B Corp(B Corporation)とは?

B Corporationは、社会や公益のための事業を行っている企業に発行される国際的な民間認証制度のことで、略して「B Corp」と呼ばれる。Bコーポレーションを考案したのは、アメリカのペンシルヴァニア州にあるNPO団体「B-Lab」だ。社会貢献のためにビジネスを使う世界的なムーブメントを起こすことを目指している。

フェアトレードやオーガニック製品などの商品を認証する制度はあったが、Bコーポレーションは企業そのものを評価する制度である。Bコーポレーションを取得するためには、ビジネスのアカウンタビリティや透明性、社会的パフォーマンス、環境へのインパクトなどの条件をクリアすることが必要だ。

B Corpの取得方法

1. パフォーマンスの要件を満たす

会社の社会的・環境的パフォーマンスを評価するB Impact Assessment(Bインパクト・アセスメント)を完了し、200点のうち80点以上を取得する。B Impact Assessment(Bインパクト・アセスメント)は、無償でどんな会社でも利用出来るオンラインアセスメントである。

2. 法律的要件を満たす

企業の構造と規約文章を、Bコーポレーションの規定に合うように改正する。

3. 正式なメンバーの一員に

Bコーポレーションの相互依存宣言(Declaration of Interdependence )と同意書にサインし、各企業の収益に応じた年会費を払う。2年ごとに再評価を受け、更新していく。

企業パフォーマンスを測定する200の質問

認証試験「B Impact Assessment」で出題される200の質問は「コミュニティ」「顧客」「環境」「ガバナンス」「従業員」の5分野における企業パフォーマンスを測定するためのものだ。

たとえば、以下のような質問内容がある。

  • 企業における省エネ率は?
  • ボーナスを含む最高報酬額は、最低報酬額のフルタイム労働者と比較して何倍か?
  • 経営陣における女性、マイノリティ、障害者、少数民族などの割合は?
  • 従業員の学習機会に対する、経済的なサポートの割合は?

B Corpを取得した企業

2022年8月現在、世界で5,235つの企業がB Corpを取得している。取得企業は、公式サイトで検索することも可能だ。

アメリカのカリフォルニア州で初めてB Corp認証を取得したのが、アウトドア用品の「Patagonia(パタゴニア)」である。他にもアイスクリームメーカーの「Ben & Jerry’s(ベン&ジェリーズ)」や、アメリカ発祥のシューズブランド「Allbirds(オールバーズ)」、ドイツの植林が出来る検索エンジンを運営する「Ecosia GmbH」などが名を連ねている。

B Corp認証を受けた日本企業

近年、B Corp認証を受けた日本企業は少しずつ増えてきている。2020年7月時点では取得企業は5社にとどまっていたが、ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」を運営する株式会社クラダシが2022年7月に日本の企業としては13社目としてB Corpを取得した。

他にも、素材の研究・開発をしている「株式会社 シルクウェーブ産業」や造園業の「石井造園株式会社」、埼玉県で、地域密着型の介護サービスを提供する企業「フリージア」などが取得。

【参考サイト】B Corporation

Bコーポレーションに関する記事の一覧




用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
V
W
X
数字

FacebookTwitter