Browse By

インパクト投資とは・意味

インパクト投資

インパクト投資とは?

インパクト投資は、経済的リターンと並行して、社会や環境へのインパクトを生み出すことを目的とした投資のこと。新興国および先進国にて、社会課題や環境問題に取り組む企業、NGO、NPO、ファンドなどの様々なセクターに対して投資が行われる。

近年日本でも注目を集める ESG投資の手法の一種だが、より意図的に社会・環境課題の解決を目指す点が、他のESG投資の手法と異なっている。ESG投資の他の手法には、例えば以下のようなものが挙げられる。

  • ポジティブ・スクリーニング:同業種内でESG評価の高い企業のみを投資対象として組み入れる手法。
  • サステナビリティ・テーマ投資:持続可能性に関する特定のテーマに投資する手法。

しかし、いずれもESGの観点を手段に用いるものの、最終目的は経済的リターンのみだ。

他方、インパクト投資では、「質の高い医療の普及」といった重要視する社会的リターンを設定した上で、投資判断において「重要視する社会的リターンをどれだけ生み出すか」を定性・定量的に評価する。

より良い社会の実現に貢献する投資へ

1960年代後半から台頭したSRI(社会的責任投資)は、社会や環境に悪影響を与える事業を行う企業を投資対象から除外するという「ネガティブ・スクリーニング」の傾向が強いものであった。これに対し、1990年代後半頃から、社会や環境に良い影響を与える事業を行う企業を積極的に投資対象に加えることで、より良い社会の実現に貢献できるのではないかと考えられるようになった。2007年に初めて言葉が使われたとされる「インパクト投資」も、そういった流れを受けたものである。2008 年の金融危機をきっかけに、健全な社会の実現を求めて、インパクト投資への参入が加速した。2009年にはロックフェラー財団主導で「Global Impact Investing Network(GIIN)」が設立され、現在においても世界的なネットワークとしてインパクト投資の発展を牽引している。

2013 年には、先進国首脳会議において英国のキャメロン首相の呼びかけにより、インパクト投資をグローバルに推進することを目的とした「G8社会的インパクト投資タスクフォース」が設立された。2015年にはブラジルやメキシコなどの5か国を加えた 「Global Social Impact Investing Steering Group(GSG))へと発展した。日本においても国内諮問委員会が 2014 年に創設されている。

欧米ではインパクト投資が一種のトレンドとなりつつある一方で、インパクト投資が社会課題の解決に本当に効果を発揮しているのかという問いや、「インパクト投資」という言葉で投資を呼び込むものの実際には社会的価値の低い「インパクト・ウォッシング」ではないかといった懸念が出るケースも起きている。これらを受けて、インパクト投資の要素を整理したり、行動指針や運用原則を整理する動きがある。

日本のインパクト投資の市場規模は急拡大

GIINが2019年4月に発表したレポートによると、インパクト投資の世界での市場規模は2018年末の時点で5020億ドル(約55兆円)に達した。日本では2018年度の推計が3440億円となり、前年度比で5倍近くに急拡大している。生命保険、都市銀行、ベンチャーキャピタルといったメインストリームの金融機関の新規参入と、すでに参入していた機関が投資残高を増やしたことの双方が、急拡大の要因となっている。

一般の個人投資家がインパクト投資を実行できるクラウドファンディングや投資信託などの金融商品も拡大しており、今後もこうした金融商品のさらなる充実とともに、より多くの資金がインパクト投資に集まることが期待される。

社会課題や環境問題の解決の原動力へ

これまでもSRI(社会的責任投資)などの動きはあったが、従来の主流な投資は、投資判断の基準がリスクとリターンの2軸のみで、効率性ばかりが追求されるものとなってしまっていた。その結果、本当に必要なところに資金が行き届かないといった問題が起きている。現代において、気候変動、貧困問題、飢餓など、社会課題や環境問題は世界規模で深刻化・複雑化している。経済的リターンと同時に社会的リターンを求めるインパクト投資は、社会課題や環境問題の解決スピードを速める原動力になるはずだ。

また、インパクト投資の一種として、官民パートナーシップである「ソーシャル・インパクト・ボンド」も広まりつつある。「がん検診受診率向上」といった社会的な目的達成に向け、行政が社会的サービスの 提供を民間企業やNPOに委託し、投資家が資金拠出を行い、成果の達成状況に連動した報酬を、行政が投資家に支払うという仕組みだ。自治体の財政支出が限られる中、社会的課題を効果的に解決する手法として注目される。

用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
E
F
G
I
M
P
Q
R
S
V
数字