Browse By

エッジコンピューティングとは・意味

エッジコンピューティング

エッジコンピューティングとは?

ネットワークにおける端末機器、あるいはその近くでデータ処理を行うコンピューティングモデルのこと。または、サーバーを端末機器の近くに分散配置するコンピューティングモデルのこと。

エッジコンピューティングの「エッジ」とはネットワークの周縁部を意味し、スマートフォン、監視カメラ、カーナビなどのエッジ機器や、無線基地局などのネットワーク設備が含まれる。

クラウドとの役割分担

なぜエッジコンピューティングへのニーズが高まっているのか。それは従来のクラウドコンピューティングでは、膨大なデータの処理が追いつかないと考えられているからだ。

クラウドコンピューティングでは、ユーザーから離れた場所にあるクラウドにデータを集約して処理を行うが、膨大なデータのやり取りがネットワークやクラウド側に負荷を与え、処理時間が長くかかるといった課題が生じている。あらゆるモノがネットワークに繋がるIoT時代において、大容量のデータをいかに高速に処理するかは、ひとつの難題だ。

エッジコンピューティングでは、一部のデータをクラウドに蓄積し処理しつつ、エッジ側でできる処理はエッジ側で行うという役割分担が可能だ。このためエッジコンピューティングは、通信遅延などの諸問題を解決できるソリューションだと考えられている。

エッジコンピューティングのメリット

クラウドとの役割分担ができるエッジコンピューティングには、以下のようなメリットがある。

  • 迅速なデータ処理ができる
  • エッジとクラウド間の通信量を削減でき、通信コストの低減につながる
  • 秘匿にしたいデータをエッジで加工できるため、セキュリティ対策になる

エッジコンピューティングが活用されるサービス

エッジコンピューティングは、データの遅延が許されなかったり、データの量が特に膨大になったりするサービスで必要とされている。以下に例を挙げておこう。

  • 自動運転車
  • 自動運転でデータが遅延すると、重大な事故につながりかねない。車が生成したデータをもとに迅速な判断を下すため、エッジコンピューティングが必要とされる。

  • 監視カメラシステム
  • 監視カメラの映像は膨大だ。このため異常を検知したときのアラームなど、必要なデータのみをクラウドに送信する機能配置が考えられる。

    用語の一覧

    あ行
    か行
    さ行
    た行
    な行
    は行

    ま行
    や行
    ら行
    わ行
    A
    B
    C
    E
    F
    G
    I
    M
    P
    Q
    R
    S
    V
    数字