Browse By

パートタイム・ヴィーガンとは

パートタイム・ヴィーガン

パートタイム・ヴィーガンとは?

普段の食事で、肉はもちろん魚や卵、乳製品などの動物性食品を一切口にしない厳格なヴィーガンとは違い、「パートタイム(特定の時間だけ行う/短時間だけ行う)」でヴィーガンの習慣をつくることを指す。たとえば、週に数回や月に数回、1日の数食分など、少しだけ動物性食品を控えるため、普段肉や魚を好んで食する人々でも気軽に始めやすい。似たような言葉に、たまに菜食主義を行うパートタイム・ベジタリアンがある。

自身の健康のため、傷つけられる動物を少しでも減らすため、畜産業の温室効果ガス排出の多さを懸念し、地球環境への環境を減らすため、ヴィーガンになる人は欧米を中心に年々増えている。しかし「あれもだめ」「これもだめ」とストイックに食事制限をすることは、人によってはストレスになったり、健康を損ねる原因となったりする。そんな人々のためのパートタイム・ヴィーガンだ。

日本でも少しずつベジタリアン、ヴィーガンの飲食店が増えてきた。ストイックなヴィーガニズムを貫くことはつらいけれど、少しでも自分の目指す健康な姿でありたい、よき世界でありたいと思うなら、パートタイム・ヴィーガンをおすすめする。

【関連ページ】パートタイム・ベジタリアン

用語の一覧

あ行
か行
さ行