Browse By

スワッティングとは・意味

警察

スワッティングとは?

スワッティング(Swatting)とは、緊急通報用電話番号を悪用し、何らかの事件が起こっているという虚偽の通報をすることで、対象の元に警察の緊急部隊などを派遣させる悪質なネット犯罪の一種。

オンラインゲームコミュニティ内で発生することが多い犯罪で、アメリカを中心に近年問題となっている。この言葉自体もアメリカの「警察特殊部隊SWAT」に由来し、2000年代初めごろに北米で使われ始めた。また、連邦捜査局(FBI)では、2008年初頭から用語として使われ始めた。スワッティングを行う者は「スワッター」と呼ばれる。

スワッティングの対象となるのはゲーム実況の配信者が多いが、中にはセレブリティやジャーナリスト、政治家なども含まれる。実際に爆発物処理班や重武装のSWATチームといった警察部隊の派遣が行われた事例や対処の自宅の周辺地域の学校や企業の閉鎖及び集団避難を促した事例などが存在し、怪我人や、最悪の場合死人が出ることもある。

スワッティングの手口

スワッティングを行うためには、オンライン上で知り合った対象の自宅の住所を特定する必要があり、これはほとんどの場合インターネット上のIPアドレス、もしくは配信アプリのTwitchのビデオに埋め込まれたジオロケーションデータなどから入手される。

そして、犯人は発信者番号の偽装やソーシャル・エンジニアリングなどを用いて自分の居場所を特定されない方法で911番(日本でいう110番)通報を行い、「対象の自宅で発砲事件が起きている」「人質を取って自殺しようとしている」などの偽りの緊急事態を報告することで、警察を出動させる。

スワッティングの事例

スワッティングは、怪我人や、最悪の場合死者を出す可能性もある。また、いくつか実際の事例を紹介しよう。

ゲーム配信者が被害に遭ったケース

2014年、コロラド州で多くのファンを持つゲーム愛好家の “Kootra”が、オンラインで友人とゲームをプレイしている際にSWATの襲撃を受けた。プレイ中に襲撃されたため、警察が部屋に襲撃したときの一部始終が録画されており、対象者がオンラインゲームコミュニティで非常に有名であったこともあり、この事件は広く拡散された。

全く関係のない人物が被害に遭ったケース

2017年12月、アメリカのカンザス州ウィチタで起きたスワッティング事件では、全く関係のない人物であるアンドリュー・フィンチ氏が自宅で警察官に射殺され、死亡する事件が発生した。

ウィチタ・イーグル紙によると、オンラインゲームで同じチームに所属する面識が無い2人のプレイヤーが、賭け金をめぐって激しい口論になり、一方が自宅のものであるという住所を伝えて挑発。もう一方がスワッティング常習者に犯行を依頼したが、この住所は挑発したプレイヤーが過去に住んでいたものであり、当時その住所に住んでいた全く関係のないフィンチ氏が犠牲になった。

ロサンゼルス市警察は、この事件に関連して25歳のシリアルスワッター、タイラー・バリス氏を逮捕。その後彼は20年の禁固刑を言い渡され、バリス氏に犯行を依頼したゲームプレイヤーは、共謀罪と司法妨害の罪で15か月の懲役と2年間のビデオゲームのプレイ禁止を宣告された。

ジャーナリストが被害に遭ったケース

サイバーセキュリティを専門とし、サイバー犯罪者の摘発を行ってきたジャーナリストのBrian Krebs氏は、そのために何度も世界中の攻撃者の標的となっている。悪質なものでは、麻薬取引の濡れ衣を着せるため、警察の特殊部隊が出動する直前にKreb氏の自宅に麻薬が届くようにハッカーが仕掛けた事例もあったという。

このほか、過去にはトム・クルーズ、ジャスティン・ビーバ、マイリー・サイラスといったの有名人たちも被害に遭っている。

スワッティングの問題点

スワッティングの対象者となった人は、突然自宅に武装した警察が押し入って来ることで迷惑を被るばかりか、ひどく恐怖を覚えることもある。さらに、スワッティングで出動した緊急部隊のメンバーが射殺された事件や、反対にスワッティングの被害者が警察部隊に射殺された事例も存在し、ただの“いたずら”ではすまされないことがわかる。

また、スワッティングの対象者となる人は一部であるが、警察が虚偽の事件のために出動することは市民の税金の無駄遣いである。さらに、場合によってはそのせいで本当に対処しなければ行けない緊急事態に警察のリソースを割けなくなってしまい、一般市民を危険に晒してしまう可能性もある。こういったことから、スワッティングは誰にとっても人ごとではないと言える。

アメリカのスワッティングへの対処

スワッティングにあたる事件が多発しているアメリカでは、これに対処しようとさまざまな策が講じられている。

米のカリフォルニア州政府は、スワッティングの実行者に対し最大1万ドルの出動費用を負担させる新たな法律を制定し、2014年から施行。

2018年には、シアトル警察がスワッティングに対抗するための教育を行ったり、ジャーナリストや有名人、ゲーム実況者など、スワッティングの被害者になる可能性があると認識している人々のための登録簿を作成したりした。これにより、それらの情報が特定の住所を標的としたスワッティングの可能性のある通報に対応する警官にも知らされるようになった。

また、、シアトル警察は2019年9月には地域社会と警察の両方の代表者で構成される専門家のグループ「スワッティング緩和諮問委員会」を結成し、スワッティングのデータの収集と分析、認識と予防策の提唱などによって、これの犯罪についての理解を深めている。

なお、緊急通報用電話番号への虚偽の通報は多くの国で処罰の対象とされており、アメリカでは懲役刑を課される可能性もある。

スワッティングを防ぐためには?

スワッティングを行う犯人は、多くの場合パソコンのIPアドレスを用いて対象の住所を特定するため、ゲーム配信者は自分の位置情報や個人情報が視聴者に漏れないよう、VPNでIPアドレスを隠すなど可能な限りの対策を講じることが必要だ。

おそらく読者のほとんどは、スワッティングの対象になることは少ないだろう。しかし、インターネットが発達した現代では個人情報が流出したり悪用されたりすることで起こる犯罪が後を絶たない。自分、そして周りの人の個人情報の扱い方には十分気をつけたい。また、インターネットに係る犯罪や危険性についてよく知り、事件などに巻き込まれないようにするための対策を怠らないようにしたい。

【参照サイト】What is SWATting & How to Avoid a SWATting Death?




用語の一覧

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行

ま行
や行
ら行
わ行
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
L
M
N
P
Q
R
S
T
V
W
X
数字

FacebookTwitter